『女子マネージャーモテる理論』
 
 
~日頃から男性の多い場所に身を置き、
女性として見られることに慣れる~
 
 
私が本気でオススメしたい婚活本の著者、
水野敬也さんが提唱する法則である。

 
ライバル(女)が少ない場所に飛び込む・・・。
 
 
シンプルな法則でありながら
実行する者は少ない。
 
 
だからこそ男性だらけの
コミュニティが存在している。

 
職場、学校、趣味・・・。
9割以上が男性の場もあるはずだ。
 
 
友人A子は自衛隊あがりである。
男性に混じって訓練を行っていた。
 
 
わずかながら女性隊員もいたらしい。
そして誰もが爆発的にモテたという。
 
 
『どんな岩石岩子(がんせき・いわこ)でも、
ファンクラブ3つはできたから!』
 
 
極端な男女比が、
女性の価値をぐんと引き上げてくれる。
 
 
これぞ
『女子マネージャーモテる理論』ではないか。

 
ちなみに私は高校時代、
野球部のマネージャーであった。

 
この理論でいうとモテモテのはずなのだが、
全く浮いた話はなかった・・・!
 
 
これは一体どういうことなのか?
仮説を立ててみた。
 
 
私の通っていた高校は、
田舎ながら可愛い子が多かった。


わざわざ部活内で探さなくても、
クラスにいくらでも女子がいたのだ。
(・・・ということにしておこう)


ちょっと隣を見たら
女性がいる場ではなく、
ある程度閉鎖された空間でこそ
発揮されるモテ理論だ。

 
友人B子(アラサー)は
男性だらけの部署にいる。

 
美人なので彼らのアイドルだ。
 
 
ランチはいつも彼女の取り合い。
毎日誰かに奢ってもらい、食費はゼロ。
 
 
ところが彼ら全員が既婚者・・・!

 
いくらアイドルでも
これでは婚活にはならない。
 
 
居心地がいい環境だが、
結婚のために転職を考え出した彼女。

 
『金属系の会社にエントリーしてみた!』

 
さすが、目の付け所が違う・・・!

 
給料も待遇もよく、部内の人気者。
環境は申し分ないはずだ。
 
 
自らぬるま湯を出るとは、
目先の快楽に溺れない強さを持っておる。


私ならば絶対に動けない・・・、
楽が好き!!


『置かれた場所で咲きなさい』
 
 
・・・とは言われるが、
どこに身を置くかは自分で選べる。
 
 
同じ人間でありながら
ボロ雑巾扱いされる場もあれば、
妙な自信がつく環境もある。
 
 
これから新しい事を始めるならば、
『女子マネージャーモテる理論』
を取り入れるのも婚活。











 【愛用品シリーズはこちらにまとめてあります♪】