去年の今頃、何をしていたかな〜。
軽い気持ちでスマホを眺めていた。(過去記事です)
 
 
産休に入ろうとしている同僚を
女子10名ほどで囲んでいる写真が。

 
おお、ちょうどこの時期か・・・。
つい最近のようで1年前とは。
 
 
よくよく見ると、
恐ろしい事実が隠れていた。
 
 
主役の女子は出産後、
すでに職場復帰している。

 
他の女子を見てみると、
婚活の末に電撃婚が決まった者もいれば、
妊活して産休に入った者もいる。

 
ハッとしたのは現状維持という名の
後退をしている者たちだ。
 
 
『彼と結婚が決まったのー!』
何年も前から宣言しているのに、
一向に話が進まない者。
 
 
典型的な結婚するする詐欺なのだが、
別れる勇気もないまま、また1年が経った・・・。
 
 
『結婚したい!子供がほしい!』と
何年も前から宣言しているのに、
一向に婚活を始める気配がない者も。
 
 
王子が現れないことに不安を持ちつつも
何もすることなく、また1年が経った。
 
 
『いい人が現れたら、結婚したいんだよね〜』 
これまた何年も前から宣言しているのだが、
新たに男性への条件が加わった者も。
 
 
専業主婦になれる人じゃなければ、
実家を出る意味がないと言い出した。
去年はそんなこと言ってなかったぞ。 
 
 
ちょうど1年前の写真を見たことで、
時の流れをしっかりと感じてしまった。
 
 
動きを作った者、動かなかった者・・・。
 
 
平等な時間が与えられて、
各々の1年が過ぎ去っていった。
 
 
これが積み重なり、
5年、10年となるのか。

 
確かに30歳から35歳なんて
一瞬であったな・・・。
 
 
 
 
生きるために目標など必要ないが
『⚫️⚫️したい!』と望むことがあるのなら、
定期的に進捗状況を見直したいものだ。
 
 
1年に1回でも、1ヶ月に1回でもいい。
全く変わらなくてもいいのは健康くらいだ。
 
 
何気ない一枚の集団写真から、
色々と考えさせられた・・・。