長年の結婚生活や彼氏の存在により

出会いの場はおろか、
男性と新しく知り合うこともない女友達。
 
 

別れたあと、
婚活界に戻ってきた。

 

平和慣れしている身だし、
さぞかし戦いには不利であろう。
 
 
・・・そう思ったら大間違い!

 

超・大型新人の到来であった。

身近な例でご紹介する~。


 
A子は学生時代からの彼氏と結婚。

 
婚活など一切無縁で、
平和に暮らしていた。

 
それが突然の離婚で、
婚活界に舞い戻ってきたのだ。
 
 
当時私も
大婚活時代であったので、
共に戦うことにした。

 
『あ~もう、
男の人と何を話したらいいのやら・・・』
 
 
急な現場復帰に、
体がついていかない彼女。
 
 
こいつを守ってやらねばならない・・・。
私は決意を新たにした。
 
 

・・・ところがだ。

とんだ取り越し苦労であった。

 
 
とにかく彼女、
よくモテたのだ。

 
面白いくらい
男性たちが食いついてくるー。
 
 
合コンに連れて行くと、
参加男性全員が
彼女にデートを
申し込んでくることも。

 
デートしたらしたで
交際を申し込まれることも多く、

全くハンデを感じさせないどころか、

優秀すぎる戦いっぷり。

 
 
私の戦績など
散々たるものであった。

 
これでは若手に昇進を抜かれた、
中堅サラリーマン状態である。

 
 
さて、何故ここまでブレイクしたか?
 
 
もちろん可愛いが、
そんな女は死ぬほどた。
 
 
彼女はやさぐれていなかったのだ・・・。
綺麗な心のまま、戦場に戻ってきた。
 
 
『私なんて通用するのかしら・・・』
 
 
という謙虚さもあったので、
笑顔を絶やさずに男たちに話を振る。
 
 
無意識に上から目線になっていたこと、
彼女の振る舞いを見て気付いた・・・。
 
 
隣では長年彼氏がいないB子が
『今日は、いい男いないわ』と
顔に大きく書いたまま、
ふてくされている。

 
婚活戦歴ではB子の方が
圧倒的に長いのだが、
離婚後のA子の方が、
男性と一緒にいることに慣れていた。
 
 
また、婚活界に絶望していないので
目が希望でキラキラとしている・・・。
 
 
これは・・・
男がどちらを誘いたいかは、
火を見るよりも明らか。
 
 
婚活が長引くと、
失うものもあるのだと知る・・・。
 
 
何てことない割り勘での合コンの後・・・
私は気分を害し、
瞳が濁った己の顔を鏡で見た。
 
 
そこには般若のような、
老婆の顔が映っていた。
 
 
『いいじゃない、あんたも飲み食いしたんだし♪』

 
今日は楽しかったと、
同じ合コンに参加したA子が言った。
 
 
自分は現役の
つもりでいたのが逆だった。

 
むしろ新人に戻る必要があるのは、
私であったのだ。

 
『今はまだ、
最初だから楽しめるけど・・・
長引いたら、
あんたの気持ちに近付くと思う・・・』
 
 
A子は既に、
長引く危険性を悟り出していた。

 
その結果、あっさりと再婚。
学習能力の高い女である。
 

 
さて、月日は流れ・・・
 

 
今度は長年の彼氏と別れた、
友人C子が現場に舞い戻ってきた。
 
 
全く知り合いがないと言うので、
私は合コンを組んで彼女を呼び寄せた。
 
 
すると、やはり同じ現象が・・・。
 
 
久々に復帰のC子は、
愛想もよく男性にモテモテ。

 
足手まといどころか、
最前線で戦えるエースであった。

 
下手に婚活に慣れた女だと、
ヘソを曲げるシーンでも
新人の彼女にとっては、
未知の世界で楽しめる。

 
この職業は嫌だ、この年収は嫌だ、
この身長嫌だ、こんな店はダメだ・・・
減点方式も一切なし。
 
 
戦いが長引けば長引くほど、
無意識に条件が増えてくる。

 
そんな時は大型新人
チームに迎え入れ、
初心を思い出すのがいい。
(※1人の男性と、まともな付き合いを長くしてきた女)
 
 
長く戦う者だけで集まると危険。

 
相乗効果で、
どんどん理想が高まる一方だ。

 
ときに新人の
キラキラした目を覗き込むべし。

 
かつての自分は、
こんな目をしていたのか・・・!と驚く。

 
  

愛用品シリーズはこちらにまとめてあります♪】