『あぁ、玉の輿に乗りたい!』
という特集を読んだことがある。
 
 
『どう考えたって自力で大金持ちになるのは
無理っぽいし、もう玉の輿しかないじゃん』

 
文字にするととんでもないが、
つまりそういうことなのである。
 
 
企画のタイトルがこんな感じだった。
『20代のうちに女の夢を叶える』
 

ギラついていて好き。
では内容をご紹介する〜。
 
 
まずは『お金持ちとの出会い』から!
どこに彼らは生息しているのか?
 
 
・平日朝の都心のジム
・1人の金持ちから芋づる式合コン
・六本木の有名キャバクラで働く
・平日夜か週末に英会話教室
・平日昼のワインセミナー
・お高め&都心のゴルフレッスン
 
 
バラエティに富んでおる。
 
 
『ここまでやりたくない!』と
アレルギーを発症するも人生、
 『全部やってみっか!』と
試してみるも人生である・・。
 
 
とはいえ、
六本木の有名キャバクラとなると
かなりの美貌がないと雇われない気が・・・。
 
 
他はたとえ出会いに繋がらずとも、
血肉となる習い事が占めている。
 
 
思えば私の婚活時代は
ホットヨガやらピラティスやら、
どこを見渡しても女しかいない
習い事をしていたな〜。
 
 
ホットヨガなどレッスン中は無言、
終わるとシャワーの争奪戦。
 
 
発する言葉は挨拶の『ナマステ』のみ。
友達すらできないまま退会・・・!
 
 
もっと賢く生きねばならなかった・・・。
 
 
お次は『お金持ちに覚えてもらう』方法!
 
 
・LINE交換は幹事任せにせず自分から積極的に
(2人で写真を撮って送るという荒技も!)
・若い女でゴルフがうまいと重宝される
・ビジネスについての会話ができる
・キャラが濃くほどよく図々しい女が爪痕を残せる
・スーパーカー全般に異常なほど詳しい
 
 
こちらは現実的な数々・・・!
玉の輿でなくとも普段使いしたい戦法である。
 
 
私の好きな名言で、こんなのがあった。

 
『男性の好きなサッカーや野球などを
受験勉強のレベルで勉強しろ!』
 
 
目的に沿った正しい努力だ・・・。
 
 
私もゲーム好きの夫に付き合い、
夜を徹してゲームに集中して
明け方には脳が痛くなった。
 
 
相手の好きなものを研究するのは
ホットヨガに行くよりも結婚への近道。
 
 
また、図々しい女が
爪痕を残すのも納得である・・・。
 
 
誰しも経験があるのではないか。
 
 
いい男すぎると緊張してしまい、
当たり障りのないキャラにて
実力が発揮できずに終了。
 
 
ところが興味のない男性だと
遠慮ない言動が自然とできてしまい、
結果、なぜか好かれてしまう・・・。
 
 
周りを見渡してもモテの天才たちは
どんな男に対しても安定した図々しさを
分け隔てなく発揮していた。
 
 
人によってキャラが変わるうちは
まだまだ素人であったな。
 
 
 

最後に、
『お金持ちに愛される女』編!
どんな女が好かれるのか・・・。
 
 
・手料理が料亭レベル
・お金に一切興味がない(フリをする)
・彼のサポート役に徹し、束縛しない
・露出は控えめで一途&ピュアぶる
 
 
またまたお金持ちに限らず、
こんな女と結婚したいという項目ばかり。
 
 
料理が料亭レベル・・・!
こんな子と結婚できたら幸せだ・・。
 
 
ところが披露する場がないと
ただの一人メシになってしまう。

 
元々得意ならよいが、
出会いの場に出かけずに料理教室に
行くのも全く意味がない。(実証済み)

 
前述のホットヨガ現象が起こるので、
まずは兎にも角にも出会いから。