華麗なる電撃婚を
決めた友人A子がいる。
 
 
彼女が何が何でも結婚してやる!と
思ったきっかけが親の病であった。
 
 
朝までピンピンしていた父親が突然倒れ、
『今夜が峠です』と宣告された。
 
 
あまりの出来事にA子姉妹は
意識を失いそうになった。
 
 
そこで決定的な出来事が・・・!
 
 
グラリと倒れた姉には、
ガシっと肩を支えた者ががいた。
 
 
・・・それは、夫であった。
 
 
A子には支えがなく、
そのまま壁に激突しそうになる。
 
 
幸い、父上はメキメキ回復して
この事件は笑い話になったのだが・・・。
 
 
A子は1人で倒れる経験したことで、
『このままでは、いけない!』と意識した。

 
美貌と根性を持ち合わせているので、
本気を出したらすぐに結婚した。
 
 
『あの病気がなかったら、
今でも結婚してないと思う・・・』
 
 
やはり親の病は
特大イベントであったようだ。
 
 
支えてくれる手と聞いて、思い出した。
 
 
『海の闇、月の影』
かつて流行した漫画だ。
 
 
双子の姉妹が同じ男を好きになる。
結果、妹がその彼と付き合う。
 
 
人をガンガン殺している凶暴な姉が、
妹に悪態をつくのだ。
 
 
『あんたはいいわよ、
望む時に差し伸べてくれる手(彼氏)があって!』
 
 
当時はお前が言うな!と思ったが、
どんなに表面上は強く生きていても、
助けの手は欲しいものか・・・乙女!
 
  
話は戻るが、
親の病で結婚を決意した人物は意外に多い。
 
 
ある男性はお嫁さんを
連れていって安心させようと
7年付き合っている彼女にプロポーズ。
 
 
・・・すると、
あっさりフラれたのだ。

 
『そんなことで結婚を出されても!』と・・・。
 
 
結構な転機だとは思うが、
彼女からしたら
『そんなこと』であった・・・。
元々、ご縁がなかったということで。
 
 
何に対して心を動かされるかは
個体差が大きかった。
 
  



【日常ブログ】
98120573-C622-4D74-A52A-6846BBE4159D


愛用品シリーズはこちらにまとめてあります♪】