かつて婚活休暇から
復職された芸人さんがいた。
 
 
なんと3年弱もお休みして、
婚活に励んでいたんだそうな。

 
ブスキャラ呼ばわりされるのが
結婚の障害になると踏んだようで
芸能界を去ったものの、
彼氏すらできずに再び舞い戻る。
 
 
つ、辛すぎる・・・!
 
 
仕事を休んでまで3年をも費やし、
爪痕を残せなかったとは・・・!
 
 
そもそもブスキャラなんて、
芸人としてオイシイではないか。

 
森三中のお二人だって、
山田花子さんだって結婚しておる。
 
 
・・・そもそも
言うほどブスでもなく、
似たような顔の
既婚者はいくらでもいる。

 
『お見合いとか合コンとか
そういう場で
知り合うのは
どうしてもしたくなかったんです。
自然に出会って、
自然に恋に落ちたかったんです』

 
・・・!
こ、これはアブナイ予感が。
しかもアラフォーかい。
 
 
華やかな芸能界に入ってまで
出会わなかったものを、
一般界でどう出会うというのだ。
 
 
開き直ってテレビで
彼氏募集でもしたほうが
よほど数が集まりそうよ。

 
出会いを求めて飲みに行き、
好みの店員にLINEを
聞こうとするも撃沈。

 
婚活のために休業していると
テレビで宣言している手前、
結婚相手を探しているとバレバレだ。
 
 
相手の男性も迂闊に
近寄ることはできまい・・・。
即・結婚相手として捕獲される。
 
 
思い切って横沢夏子さんのように
婚活キャラになりきって
芸能人のまま相手を探したほうが
有利な戦いができそうだ。
 
 
自然な出会いは
相手を探している時点で
自然ではない・・・。
 
 
自然派よりも不自然派に転向したほうが
よほど成婚率はアップ。

 
こんな世論が出ていた。
 
 
『都合よくブスを出したり引っ込めたりしちゃダメだ』
 
 
出したり引っ込めたりって!
 
 
メリットだけ享受してはいかん、
デメリットもうまく扱わねば。
 
 
出すなら出し続ける!
引っ込めるなら大幅にキャラチェンジ!

まぁ、大口叩いて芸能界を去った手前、
成果ゼロで戻るのはさらに勇気が要る。
 
 
堂々と返り咲けたのだ、
婚活のプライドくらい捨てられる。
 

優しいコメントを見つけたので、
これにて締めさせていただく。
 
 
『でもさあ、生きていればいいことあるよ!』

 
・・・そうだった、
生きていればあとは何とかなる!