『身長170以上、大卒、年収600万』

 
友人A子(アラフォー)がネット婚活で
検索をかけた条件である。
 
『そんなの、いないわよ!』
 
ピシャリとはね退けたB子(アラフィフ)。
 
身長は個体差があるとして・・、
全然、いない人種ではない。
 
むしろ一箇所に固まって生息している。
大企業に侵入したら、こんなのばかりだ。
 
自分が選ばれるかは別として、
生活圏を変えたら出会える。
 
ここに1つ、条件が重なった。
『タバコを吸う人はNG』
 
タバコ問題・・!!
 
今はかなり喫煙者も減ってきたが、
私の婚活時代など
めぼしい男は、ほぼ喫煙者。
 
タバコの煙は大嫌いだが、
彼らを排除できない事情もあった。

ターゲット✖︎非喫煙者✖︎自分のことを気に入ってくれる人
 
天文学的な数値となり、
結婚することなど不可能・・!
 
ちなみに後の夫となる彼は、
超がつくヘビースモーカー。
 
タバコがしばらく吸えないと
禁断症状なのか、口数が極端に減る。
 
私は彼と交際中、
好きなだけ吸ってもらった。
 
・・ところがだ。
 
結婚した途端、
急に禁煙を勧めるようになった私。
 
一日中吸っていた人間が禁煙なんて
もちろん、できたものではない。
 
『禁煙するくらいなら、結婚しなかったのに〜』
 
なぜ今頃・・!と抵抗する夫。
そりゃそうである。
 
ところが、結婚してほしいから
『禁煙してくれ!』
というのを我慢していた訳ではない。
 
交際中は他人ということで、
彼が死のうが生きようが構わなかった。
 
心の底から『好きにしてくれ』と思っており、
他人の嗜好にまで口出しできない。
 
それが結婚した途端、
急に彼の生死が気になるように。
 
禁煙するには数年かかったし、
禁煙外来も何度も通ったし、
ものすごいエネルギーを互いに消耗した。
 
交際中にこんなことをしていたら、
一瞬で破談となるのは必至。
 
最初から喫煙者を外すのも
後々、争いを生まない点ではよい。
ターゲットは減るが・・。
 
 
タバコだけを例に取ったが、
結婚後に変えられることもある。
 
義両親との同居を解消した友人もいるし、
子どもは作らない約束だったが、
いつの間にか生んでいた友人もいる。
 
結婚前だと話にならないことでも、
結婚後だと話が進むことがある。
 
交際中よりは簡単に別れられないので、
前向きに考えるからだ。
 
見るべきものは条件よりも、
真剣な話ができる人格かどうか。
 
大事な話を避けるような者だと、
些細な問題が起きても乗り越えられぬ。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・