私の周りはアイドルオタクが多い・・・。
ジャニーズからKPOPまで様々。

 
 
ファンクラブに何口も入会し、
コンサートがあると世界中に飛ぶ。
 
 
グッズ集めにファン同士の交流・・・。
一年中忙しいのである。

 
その中でも友人A子(アラフォー)は、
人生を韓国アイドルに捧げていた。
 
 
お目当ての彼が来日すると聞けば、
記者のように空港に張り込む。
 
 
彼を見ることができるのは数十秒だが、
アドレナリンが最高に放出される。
 
 
外国でコンサートがあると聞けば、
1人で飛行機へ飛び乗るのは当たり前。
 
 
ファンが撮影した彼の写真が
Twitterにアップされており、
隣に彼女が写り込んでいたこともあった。
 
 
マネージャーですか?
くらいの距離だ。
かなりの接近に成功した証・・・!
 
 
また、いつ連絡しても
コンサートの応援グッズを作成している。
 
 
仕事は超・多忙なマスコミ勤務。
深夜残業は当たり前。
 
 
これだけ揃うと、
もはや彼氏はおろか
恋なんてする時間もないだろう。
 
 
・・・ところがだ。

 
彼女は友人の中でも、
トップクラスの女王様気質だった。
 
 
彼氏が途切れたことはないどころか、
男性が彼女を愛しすぎて下僕と化した。
 
 
ヲタ活(オタク活動)に忙しい彼女は、
彼氏とばかり戯れてはいられない。
 
 
少しの時間でも彼女に会いたい男は
『家まで車で送らせて下さい』と懇願。
 
 
彼女がどこにいようが
勝手に車で待機しており、
僅かな時間でも
一緒にいることを喜んでいる。
 
 
『今日はウチワを作らないといけないから、帰って!』

(※コンサートグッズ)



か、彼氏がウチワに負けたー!


F12C3033-74B9-472A-B1B6-43439D98614E

 
 
忠犬ハチ公のように待っていようが、
当然のようにヲタ活を優先。
 


それでも趣味を共有したい一心で
彼が韓国語のレッスンにまで通い出した。

 
愛の力は絶大である・・・!
(後に結婚) 

 
 

ヲタ活の絶大なるパワーが恋も仕事も、

全ての運気を引き上げているのだろう。


 
生命のエネルギー値が異様に高く、
元気でキラキラしている。
 
 
強烈に何かを『好き!』と思う気持ちは
人生を豊かにするようだ。
 
 
芸能人にハマったことがないので、
羨ましい・・・。
私も誰かにのめり込みたい!
 
 

愛用品シリーズはこちらにまとめてあります♪】