・・えらいこっちゃ!

『22才からの婚カツ♪』
〜なにがなんでも『30才までに結婚したーい!』
(S Cawaii!9月号より)

ついに最強のライバル(20代)ですら、
作戦を練るようになってきた婚活界。

丸腰でも無敵なのに、
これ以上パワーアップされたら、
もはや勝ち目なし・・!

それでは、ご紹介する・・。

〜〜

東京出会えるスポットが載っていたので、
ご参考までに〜。

・銀座
HUB
トリプルスリー
300BAR

やはりコリドー街・強し。
そして立ち飲みも強し。
足腰を丈夫にしておきたい。

・六本木
awa bar
六本木横丁
リゴレット

おお、六本木にも横丁ができたのか!

・恵比寿
恵比寿横丁
330BAR
Q 恵比寿店

会社帰りには恵比寿横丁で必ず1杯飲んでから
家に帰ることを義務付けていた友がいる。(20代)

努力の甲斐あり、
(出会いは別の場所だが)早々と結婚。

続きまして、
背筋が伸びるコーナーを発見。

『カレシがいれば、結婚できるなんて甘い!』

煮え切らない彼氏に力技でプロポーズ
させた方法が紹介されていた。

『ゼクシィを冷蔵庫に入れてキンキンに!』

置いておくだけでは芸がないと踏んで、
予想外の場所にしのばせた。

結果、彼に大受けで結婚に成功。
この企画力&ユーモアこそが、
彼女の魅力であろう・・。

『彼の入れのトイレに婚姻届を貼っておく』

3年付き合った彼氏の家のトイレに
こっそり婚姻届を貼るという荒技。

何度も剥がされたのに、貼り続けた彼女。
この時点で、凡人は心が折れそうだ。

ところがある日、
彼の名前がサインしてあったのだ。
 
ちょっと泣けた・・。

これは若い女の子がやるから可愛いのだろう。
アラフォーがやったら怨念を感じる。
せめて1回までだな・・。

『結婚式場に強引に連れて行って見学した』

最初は嫌がっていた彼もどんどんその気に。
雰囲気に飲まれて結婚を決意!

どれもこれも、勇気が必要だ。

恐怖のアイテム、ゼクシィ、婚姻届、式場見学。
それを臆すことなく放出した。 

リスク(別れ)を恐れては、
リターン(結婚)はなし。
 
ここでの踏ん張りが
長い春を阻止している。

no title

別れを恐れるあまり、
長い春に長い春を重ね続けているA子がいる。

彼女は20代の時から、
『彼と結婚するの!』と言っていた。
もうアラフォーに差し掛かる・・。

A子よりもずっと後から彼氏ができたB子に、
この度、3人目の子供ができた・・。

A子はまだ独身、
時の流れを感じるものである。

上記・恐怖の三点セットで
一気に攻めてもいいのだが、
どこかで気付いているのだろう。

『断られる!』と・・。

断られても、婚姻届を貼り続けたらいい。
断られたら、他を探してもいい。

最強の20代ですら、勝負に出ているのだ。
時間がないからこそ、打って出たい。

断られることより恐ろしいのは、
ただ時間が過ぎていくこと・・。