『ぎえー!!私がデカすぎるー!!』

友人A子(アラフォー)から
悲痛な叫びが届いた。

ある集合写真で、事件は起きたのだ。
レストランにずらりと並ぶ女たち・・。

A子の横には、
美意識の高いB子とC子。

素人目にもハッキリとわかるほど、
A子の体積が倍である。

『遠近法&B子とC子の横だからと、信じたい!』

気持ちはわかる・・!!
何かのせいにしないといけないほど、
確実にデカく映っているのだ。

元々、A子を100とすると、
B子とC子は40ほどのモデル体型。

2割増して120に膨れあがったA子だと
その差はさらに歴然。(※解説は文末にて)

遠近法も手伝って、
彼女のサイズは着ぐるみ並に。

『あぁ!!D子ならこんなミスはしないのに!!』

懐かしい名を挙げてきたな・・。
私も同じ人物を思い描いていた。

D子は婚活時代に知り合った、合コン女王。

徹底したプロ意識を持ち、
己を少しでも美しく見せることに命を賭けた。

飲み会には誰よりも先に到着し、
どの席に座ればライティングが
映えるのかを全席に座って調査。

合コンが始まったら終始、
キメ顔で同じ表情を貫いた。

決してバカ笑いなどはせず、
泥酔した醜い顔も見せない。

常に上目遣いでカッと見開いた目、
背筋はシャンと伸ばして、360度・完璧。

彼女ならば集合写真の
膨張ポジションなど避けるであろう・・。

万一、移動がかなわなければ、
限界まで顔を後ろに下げるなど
何らかの救済策をとるはずだ。

そういう目で
問題の集合写真をよくみると、
1つの事実に目がいった。

全員が既婚者であったが、
顔つきに特徴が出ているのだ。

膨張したA子はじめ、
婚活の末に結婚した女たちは
完全に緊張感の抜けた顔をしている。

私もヌボーっとした間抜け面で
ただ立っているだけ・・。

・・なんというか、
『綺麗に映ってやるっ!!』
という気合いが微塵も感じられないのだ。

その中でも一際目立っていたのが、
先ほど登場した美意識の高い
B子&C子である。

昔から変わらぬ気合いの入った表情で
完璧な美を叩き出していた。

タイトルを付けるならば、
『常に戦闘体制』だ。

目には『あの頃』の
強い光をたたえている・・。

『私もいつまでも戦闘体制の女に見られたい!!by着ぐるみ』

膨張席の女(A子)から、
現役を望む声が届いた。

さらによく見てみると、
鋭い目をしていないのに
一際目立ったいるE子(アラフォー)がいる。

顔の作りだけでいうと、
ナンバーワンの超絶・美女。

ところが、常に戦闘体制の
B子&C子のようなオラオラ感はなし。

なんなら誰よりも、自然体で映っている。

綺麗に映ろう!
という気持ちがないのか、
実物のほうが数段美しいのだ。

老いてもなお美をキープするには、
常に戦闘モードでいるか、
生まれ持った天賦の美。

我々凡人は気を抜いては
すぐに着ぐるみ界へと転落する。

no title

A子の名誉のために言っておくと、
携帯カメラなどの広角レンズで撮影すると
端のいる人間は2割増しで太って見えるそうな。

集合写真は真ん中キープが吉。
私は今回、それで難を逃れた。



無題