女たちの大好物、縁結び神社。

その陰には、
縁切り神社というものも存在する。
名から受ける印象は、ネガティブだ。

しかし悪縁を切ることによって、
良縁が舞い込む・・

結果・縁結び!ということで、
隠れたお得スポットなのである。

今回は、そんな縁切り神社に注目した、
こわーい話・・・。

私のイメージは、こんな感じであった。

『○×と別れられますように!!』
『しつこい彼が、どこかに行ってくれますように!』

そう、自らに関する悪縁にスポットを当て、
排除するシステムだと思っていたの・・。

あるニュースで、
縁切り神社のレポートを見た。

そこの絵馬は、
道徳から大きく外れたものであった。

『○×の彼女が同棲を解消し、病気で死んでくれますように』

・・なんと、破談では飽き足らず、死までも願うか。

ネガティブにも程がある。
彼女と別れても、あんたを選ぶ保障はないぞ。

『息子の嫁が、早く死にますように』

・・ここにも死を願う者がいた。
高い確率で、あんたのほうが先に没するであろう。

『○○が会社をクビになりますように』

日本企業では、なかなかクビはなかろうに。
自ら会社を去った方が、明日から会わなくて済むぞ・・。

『苦しみぬいて死ね』
『○×の妻が流産してしまえ』

人を呪わば穴二つを知らんのか・・。

親のカタキならば事情はわかるが、
ここまで人を恨めるのもパワーが必要だ。

縁切り神社は呪いの場所ではない。
足を運んで絵馬を書くほどの怨念・・恐るべし。

no title


ある本に、こんな言葉があった。

『私はあなたを許します 私が自由になるために』

いいお言葉ではないか・・。

自分が呪縛から解放されるために、相手を許す。

怒りで心が支配されないように。
自分が楽になって、心穏やかになれるように。

この言葉を看板にして、
呪いコーナーの横に立てておきたいものである。

私も短気なので、忘れないようにしたい・・。




無題