友人A子(当時20代前半)の携帯電話が鳴った。

男だけで遊んでいるので、
今から合流しよう!との内容だ。

相手は、当時ブレイクしていた芸人であった。
そんな知り合いがいたとは・・驚いた。

ほどなくして、彼らと合流できた。

テレビで連日見かける有名芸人と、
見たこともない無名芸人であった。

田舎者の私は、ちょっと感動した。

テレビでは控えめに見える彼だったが、
『俺はモテるぜ』オーラ・全開でやってきた。

実際に売れっ子なので仕方がない。
しばし様子を見よう。

彼はカラオケに行きたいと言い出した。
はいはい、どこでもいきますよ。

カラオケの受付にて、異変が起こった。

彼は首を後ろに曲げながら、
自分の掌を前にかざして、顔を隠したのだ。

『俺の顔を見るんじゃないぞ』
とでも言いたいようだ。

特徴のない顔なので、
普通にしていたらまず気付かれない。

自らわざわざ、目立つことをするな。

私の目には、『俺を見てくださーい!』に見えた。

ここに何かがありますよ・・!と、
自ら提示しているようなものだ。

当時の彼は絶好調に売れていたので、
いらぬ調子をこいたのであろう。

我々はそのまま、部屋に通された。
すると今度は、A子に異変が起こったのだ。

『●●●(芸人の名前)ちゃ~ん♡』

甘い声を出して、
彼にしなだれかかったのだ。

普段はクールな女なので、面食らった。
友よ、こんな一面があったのか・・。

いきなり新キャラを出されると、
驚くじゃないか。

彼もノリノリで、
A子といちゃつき出す始末。

片割れの無名芸人と私は、
どうしてよいのかわからず、呆然と眺めた。

店員が飲み物を持ってくるたびに、
芸人は掌をかざすポーズで
あからさまに顔を隠し続けた。

パパラッチから顔を隠す、
ハリウッドスターのようだ。

大丈夫・・あんたの顔は
そこまで売れてはいない。

さらにバージョンアップし、
A子の後ろに大げさに隠れながらのポージングだ。

不自然な動きすぎて、余計に目立つではないか。

いくら何でも、念を入れすぎである。
何度も言うが、そこまで知られていない。

努力の甲斐あって、
ちゃんと店員は気付いていたと思う・・。

そんな空気を感じた。

酔っ払ってヘロヘロになった彼は
道で私にも抱きついてきた。

個室で顔を隠すくせに、
公道で女に抱きつくんじゃない。

目立ちたいのか、
目立ちたくないのか、はっきりせんかい。

サンプル

彼はその後、
しっかりした奥さんの管理下に置かれたようで
我々の目の前に二度と現れることはなかった・・。

あぁ・・東京にやってきたんだな。
毒にも薬にもならない一夜であった。



無題