『このハゲー!』で話題の
豊田真由子議員に乗っかり、
今夜もハゲ川柳の再放送をお届け!

力作が揃っているのでご紹介~♪

『飯に毛が 犯人からは 除外され』
毛量で除外したのではなく、長さの話だ。
一本でも生えていれば、容疑者になれる。

『フサフサが 気にしなさんなと 励ますな』

金持ちが貧乏に、
「金がなくても気にするな!」とは言いにくい。

これが毛になると、
うっかり励ましてしまうのか。

毛があったところで、
強者ではないのだが・・。

失くした者にしかわからない気持ちだ。

『年下で 俺より薄い いい奴だ』

思わぬところで、
人間関係の潤滑油となる。

『頭中 タワシになった 夢を見た』

何でも生えりゃ、
いいってものではない。
違う意味で飛び起きてしまうだろう。

0

『ドライヤー 探している間に 髪乾く』

そんな短期間で乾くならば、
そもそも必要なのかが疑わしい。

日常に潜む、
ゾッとする体験を表現!

『抜けた毛を 拾っている間に また抜ける』

底無し沼か、蟻地獄のようだ。
這い上がっても這い上がっても、
引き戻される。

完全に吸い込まれた方が、
楽になれるのか・・葛藤は続く。
こちら、お気に入りの一句!

『落ちていた 俺の名刺の 裏にハゲ』

会議中にメンバーの名前を忘れぬよう、
隣の女性がメモを取っていた・・。

『鈴木 メガネ』『佐藤 ハゲ』のように特徴と共に。

このメモを見られたら、
かなり気まずいぞ。

隣の私には丸見えだ。
もう少し、小さな字で書かんかい・・!

こちら、お気に入りの一句!

『これ以上 頭を冷やせと 言われても』

座布団一枚の名作じゃないか・・。

冷やせと言った者も、
自身の背筋が冷えたのでは。

これも上手にできている・・!

『クールビズ ネクタイ取って ズラ取れず』

頭隠して尻隠さずの進化版のようだ。

真夏の帽子は
頭皮が蒸れるからなぁ。

ズラダメージにより、
元気な毛根の寿命も心配だ。

考えさせられた作品は、こちら!

『もういっか 突然父が カツラ取る』

外出から戻って
ホッとしたひと時なのか。

人生的に「もういっか」で、
カツラの永久放棄なのか。

答えはわからない・・。

贈り物のマナーを考えさせられる一句!

『養毛剤 歳暮にもらい 縁を切り』

身体的な消耗品は、危険だな。

乳がでかくなるクリームが、
贈られてくるのと同じか。

プレゼントは自分では買わないが
貰ったら嬉しいものを!

致し方ない一句!

『風吹いて 集合写真 撮り直し』

「あー、目を瞑っちゃいましたね!もう1回!」

こんな時は、
誰かのセットが乱れた可能性がある。

連帯責任、日本文化である。
最後は、こちらの名作で!

『隠し事 嫌いとカツラの 父が言い』

「正直に言え!」と、
父からの説教タイムに閃いた句であろう。

忘れずに世に発表してくれたこと、
作者に感謝する・・!