本日は読者の方から体験談を頂きました!
アラフォーOLのA子さん(既婚)からです♪

困った友達がいるとのことで、
お話を伺いました・・。

体験談&キモ画依頼は
プロフィールのメッセージからどうぞ♪

〜〜

B子(アラサー)という女性を指名して、
ネイルサロンに通っていたA子さん。

仲良くなるにしたがって
プライベートの相談を受けるようになった。

子供がほしくて仕方ないB子は、
とにかく出産に焦っていた。

その頃、飲み会で知り合ったC男から
プロポーズされていたのだ。(交際3ヶ月)

ところが彼に対して
トキメキという感情はゼロ。

承諾はしたものの、
どうも乗り気になれないご様子。

『私は結婚したら、幸せになれるのでしょうか・・?』

明後日の方向を眺めながら呟くB子。
知らんがな!とは言えないA子さん。

入籍日が近くにつれて、
どんどんセンチメンタルになるB子。

『結婚っていいものですか?後悔はないですか?』

周りの既婚者に
結婚生活のメリットを聞き回っては
背中を押して欲しい素振りを見せる彼女。

『私、大丈夫ですよね?幸せになれますよね?』

最後までふにゃふにゃとしたまま、
寿退社をしたのだ。

結婚と同時に札幌転勤となったので、
B子は現地で仕事も決めた。

これにてめでたし、めでたし・・!
無事に旅立った彼女。

・・上陸1日目の夜である。

『私、札幌はもう無理です。帰りたいです!』

A子さんの元にメールが届いた。
いくら何でも早すぎやしないか。

慣れない土地で最初は疲れるだろう、
徐々に馴染んでいくよ・・というも聞かず
ポエム調のメールは数日続いた。

一週間が経とうとしたところ・・。

『彼と手も繋ぎたくありませんので、離婚しました。
明日、そちらに帰ります!』

なんと、入籍一週間である。
気の毒なのは夫のC男だ。

女性への免疫が少なく
真面目に生きてきた彼は、
B子の異変になど全く気付かない。

彼女の強い要望により、
無駄に広い家を借りさせられた。(3LDK)

子どもができても対応できるためである。
それが妻すらいなくなろうとは・・。

彼女を現地で採用した職場も、
一週間で退職されて迷惑しただろう。

色んなものをとっちらかして、
悠々と地元に戻ってきたB子。

彼女を知る人は口を揃えて、
『あぁ・・やりそうな人だよ・・』
と驚いた気配も見せなかった。

今でも毎日、
A子さんの元にメールは届く。

『私は幸せになれるのでしょうか?』

・・何度でもいう、知らんがな!

92


結婚したい目的が
子どもだろうがお金だろうが
そんなものは個人の勝手である。

ところが自分の希望がブレブレだと、
関係者の人生までかき乱すことが判明。

幸せは人から認められて
感じるものではない・・。

この物語には別エピソードもあるので、
明日ご紹介する・・。




無題