A子という友人ができた。

切れ長の目をした美人で、
すらりと長い足はモデルのよう。

それだけでも目を引くのに、
超・マイクロミニのショートパンツで
セルライト一つない脚を惜しげもなく露出。

夏はまだだというのに、
タンクトップで先取りだ。

色気がムンムンと漂うのに、
無邪気な一面も覗かせる。

『これ、雑誌の付録なの!可愛いでしょー!』

そう言っては嬉しそうに
付録の雑貨を見せてくれた。

『私ね、カラダが柔らかいの!』

何の脈絡もなく、
柔軟性までアピールしてきた。

おいおい、付録の話は終わりかね。

同時に、彼女が床に座り出す。
開脚を見せてくれるのか・・

と、思いきや、
目の前でブリッジを始めた。

こちらに下半身を向けているため、
真っ赤な下着が丸見えである。

しかしスタイルが良すぎて、
いやらしさゼロ。

眩しいばかりの健康美・・!

私が圧倒されているうちに、
今度は習い事の話に飛んだ。

色々と通っているようだが
英語に一番、力を入れているようだ。

『だって、将来必ず使えるでしょ?』

真面目な顔で訴えられると、
英文科を出たが全く
生かていない己を恥じた。

ふいに彼女は
私の息子(0歳)の口元を、
慣れた手つきで拭き取った。

『ヨダレ王子ぃ♪ダラダラ垂れてるよ~♪』

可愛い笑顔で、子どもにも優しい・・。

するとそこに、
彼女の友人、B子がやっきた。

これまた露出が激しい、
ロングヘアの色っぽい子なのである。

『B子ちゃん!遊ぼう!』

そう言って彼女たちは、
オママゴトを開始。

末恐ろしい、
小学三年生たちであった・・。

ママ友を作ろうと目論んで
キッズルームに行くと、
何故か小学生にばかり出会う。

最近の女子は大人っぽいのだ・・。

『私はこっちでネイルサロン!
B子ちゃんはビビデバビデ・ブティックね!』

び・・びびでばびで!?
八百屋や果物屋じゃないんかーい。

ままごとも横文字店舗・・。

ちなみに小学生女子から
アツい支持を受けているのは
『ちゃお』という雑誌だそうな。

私も読んでいたので、懐かしい!

84

大人が忘れてしまった大切なものを
持っている彼女たち・・。

『私っていいでしょ♪』
という空気を惜しげもなく出してくる。

こんなこと言ったら空気読めないかな・・
こんなことしたらアホだと思われるかな・・
などなど、一切の遠慮なし。

自分のしたいようにする!

とても魅力的な女に見えた・・。
(ちなみに私は子どもが好きではない)

誰もが最初は
無邪気な心を持っていた。

それが思春期となって
誰それの顔面がいいだの、
誰それがモテるだので格差は開き・・。

『私っていいでしょ♪』という
自信をどこかに忘れてしまう。

いつから失ってしまったのか・・。

元から持っていたものなので、
取り戻せるはず・・!




無題