友人A子は39歳にして
婚約者にフラれた。

結婚まであと一歩というところで、
彼ママの大反対をくらったのだ。

理由は、彼女が年上だから・・!
長年の交際があっけなく終了。

結婚願望の強い彼女、
39歳での婚約破棄は死を意味する。

・・ところが、
腐っている暇はなかった。

四十路へのカウントダウンは
着々と近づいてくる。

心身共にボロボロであったが、
むち打って立ち上がったのだ。

まずは転職して、足場を固めた。

万一、結婚が叶わなくとも、
何とか生きていける収入を確保。

サラリと書いたが、
39歳からの転職というのは
並大抵の苦労ではない。
66

そして1年後・・。
A子は結婚も決めたのだ。

転職したあとの彼女の執念は、
人間の限界値を超えた。

会う人、会う人に頭を下げて
誰か紹介してくれと頼み込んだ。

週に何度も合コンやパーティに参加し、
ネット婚活にも手を付けた。

年齢も年齢なので、
独身男子を探すだけでも難儀。

紹介を頼んだところで、
断られることも多数あったのだ。

それでも諦めずに活動し、
何人かの男性に告白された。

1人を選んで交際開始。
順調に見えた矢先・・。

彼が突然、失踪したのだ。

全く連絡がつかなくなり、
捜査は暗礁に乗り上げた。

死にかけたところを救われたと思いきや、
またもや崖から突き落とされたA子。

タフな彼女もさすがに心を痛め、
もはやここまでかと思われたが、
奇跡のV字回復をみせたのだ。

諦めずにあちこちに紹介を頼む。
・・すると。

保険のオバちゃんが、
『あら、いい人いるわよ~♪』
秘蔵っ子を出してきたのだ。

その保険も彼女が加入していたものではなく、
友人の上司という捜索範囲の広さ・・!

ものすごく遠いところから縁をたぐり寄せ、
運命の彼と出会ったのである。

そこからは早かった。
とんとん拍子に交際は進み、
3ヶ月でプロポーズ。

一切ヒヤヒヤすることはなく、
当たり前のように将来の話も出る。

交際中の違和感はなく、
何の不安もない日々を送った。

彼とは結婚するだろう
『確信』を最初から感じていたという・・。

『決まるときは決まるんだわ・・。
希望を捨てるなと世間に広めたい!』

A子は呟いた。

彼女の陰の努力を知っているので、
これはただのラッキーではない。

強い思いは行動となり、
縁を引き寄せた。

ここでまた1人、
華麗なるアラフォー婚が決まったのである。


フォローしてくださると嬉しいです♪
↓↓↓↓



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;