テレビ番組で、
抱き枕が流行っていると見た。

専門筋の間では、抱き枕を彼女として扱い、
一緒に旅行したり、デートしたりするという。

・・と、いうことは、
マネキンのふわふわ素材版なのか?
ぱっと見、人間に見えるような・・。

さっそく、検索してみる。

・・私の想像とは、
全く違うものが出てきた。

どーんした、長方形の枕である。

そこに美少女が悩ましげな表情で
プリントされているではないか。

こ・・これを彼女として!?
枕に印刷されたただの模様である。

キティちゃん柄の枕と、
仕組みは同じではないか。

以前、等身大フィギュアと暮らす男を
テレビで見たことがある。

形も大きさも、人間そのもの。
関節も動くし、着替えもできる。

少々不気味だが、
疑似彼女としては、まだ理解できた。

リアルフィギュアが
最高の地位だと思っていたが、
今では二次元プリントもライバルだ。

何故、こんな話をしているのかというと、
彼らが抱き枕に魅了される理由である。

『彼女はいつも、笑顔なんです!』

そりゃそうだ、
絵柄がプリントされているのだし。
表情が変わったら呪いである。

『僕の話を、聞いてくれるんです』

そりゃそうだ、枕に口なし。
どんなつまらぬ話でも、
何時間でも聞いてくれる。(ように感じる)

同時に、はっとした。

人とは、自分の話を笑顔で聞いてくれる人物に
好感を抱くのだな・・。

彼らにそんな女性がいないので、
枕界へと現実逃避したのだ。

人間の女としては何だか複雑である。

すまん!と思うような、
楽をするな!と思うような・・。

一度、枕界にはまってしまうと大変だ。

喜怒哀楽がある人間とは
付き合えなくなる。

私は抱き枕の彼女を持つ男性と、
会話のキャッチボールができる自信がない・・。

現実の人間は、勝てない。
完璧な枕たちに。

40


アニメキャラに恋をする現象に似ている。
私も二次元にハマったことがあるので
気持ちはわからんでもない。

彼らはいつまでも、理想のままでいてくれる。