ファッション誌にて見つけた、
『男子の萌えポイント』特集をご紹介する。

女子大生向けの雑誌なので
対象年齢が低いが、
婚活にも使えるものもあった。

まずはこちら!
『髪切った?と気付いてくれた』

タモさんプレイである。
『自分を見てくれているのが嬉しい!』とのこと。

見ているというか、
見えてしまっただけなのだが・・。
この程度でよいのだ。

36


お次はこちら・・。
『今日は楽しいから飲んじゃお♪と、飲んでくれた』

自分は特別だと感じさせるようだ。

酒豪女子は自分が飲みたいだけでも
唱えておいて損はないセリフ。

『うぉー!飲むぞー!!』も
『今日は楽しいから飲んじゃお♪』も
することは同じだが、与える感動が違う。

続きまして、こちら!
『○○君だったら、安い服でもおしゃれに見えるよね』

確かに嬉しいが、
服が安いと言われるのはいいのだな。

『その靴、どこのブランド?と聞かれると、ドヤ顔で説明できる』
ただの雑談では・・。

『(ひぇーっ!何、このダサい靴!!)
ど・・どこのブランドっ!?』

という意味でないことを祈る・・!
ドヤ顔で説明したら、切ないではないか。

続きましてこちら!
タクシーに乗ろうとしての一言。

『お金が勿体ないから、歩こうよ!という子』

『ワンメーター分、歩かされた!』
と怒る女子もいるので、耳が痛い話だ。
忘れていた清らかな心である。

こちらも類似品。
『ちょっとスタバで贅沢しよ♪と買う子』

このような可愛げは、
一体どこへいってしまったのか・・。

私も女子大生と付き合いたくなってきた。

『いただきますを言える子。皆、ご馳走様だけは言うけどね』

確かに・・!ご馳走になりたい一心で、
最初の挨拶に力を込めるのを忘れていた。

男子の萌えポイントを
勝手にまとめてみると・・、

自分は特別だと思わせてもらえる、
褒めて貰える、贅沢を言わない、挨拶をする。

簡単なことだと思ったが、
果たして完璧にできているのか?

・・できていない。
基本の大切さを改めて知る。

念のため、他の例も見てみよう。
『ご飯代を全額払おうとしてくれる女性』

前言撤回ー!

基本うんぬんの前に、
こんなことに萌えるなんて、
男らしさが全く感じられん。

『次は私が払いますねと、言ってくれる子』

お前もか!
社交辞令を真に受けないでくれ。

可愛いのは当たり前、
自分をとことん肯定してくれて
人間としてのたしなみもあり、
さらにお金も払ってくれる・・。

ちょいと理想が高すぎやしないか。

いや・・思えば女子大生の頃は、
誰もが持っていた要素である。

私もマクドナルド割り勘デートが
当たり前の時代があった。

人生の泥水を飲んでいるうちに
瞳は淀み、大切なことを忘れていったのだ・・。

心の清らかさを失ったら、
若い子向けの雑誌をパトロールしたい。
自身の変化に気付くはずだ。