A子を合コンに誘った。
全く詳細がわからない、恐怖の試合だ。

『相手、全然わからないから、責任は取れないよ・・』

私は力なく伝えた。
すると彼女から、力強い一言。

『いいよ、イモの葉と思えば。ツルが繋がってるかもしれない』

頼もしい・・!
彼女には背中を任せられる。

どんなヘッポコがきても、
料理してくれそうだ。

特に出会いのなかった合コンでも、
別メンバーでもう一度開催、
さらに別のメンバーともう一度・・・。

ねずみ講のように数回繋いでいくことで、
彼氏ができた友人が何人もいる。

まさに、芋づる式作戦である。
一度で諦めてはならないのだ・・・。

過去、歴史に残る悲劇合コンがあった。

喋らない肥満男子の集団に、
女性陣は大苦戦。

どうにかこうにか、
さっさと終わらせて逃走。

女子メンバーの一人が、
命からがら言った。

『臭かったけど、銀行員だったから、繋いできたよ・・・!』

逃げならも、
宝の粒を持ち帰ってきたのだ。

臭いで判断を狂わされることもなく、
芋のツルをたぐり寄せた。
なんという理性だ。

 

喋りも、見た目も、どうしようもない。

しかし悪い奴ではないと信じ、
何とか繋いだそうだ。

後日もう一度、
合コンしてみたらしい。

するとどうだろう。
臭い彼の友人は、全員がまとも。

まさかの展開に、私も驚いた。

何かひとつでもあれば、
繋いでみるものだな・・・。

(『悪い奴ではない』も、長所とカウント)

集団で全員ナシ!と感じても、
個人レベルで分解してみると、
案外普通だったりする。

木を見て森を見ずは
悪い意味で使われるが、

婚活に限っては
森だけで判断せずに木も見たい。

特に強烈な悲惨キャラが混じっていると、
他の男子にまで風評被害が及ぶ。

集団の力に惑わされないようにしたいものだ。

105
今日は外れだと思ったら、
誰かと繋がろうなどと
考えられないかもしれない。

ところが葉っぱがヘタれていても、
いいツルが繋がっている可能性がある。

新規でゼロから探すよりも、
ずっとずっと楽な方法なのだ。

※キモ画で過去記事の再放送でした!新年にふさわしい!?テーマですわ。

 ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


プロフィール&連絡先(お悩み相談)は⇒こちらです

❤️三重県の愛用品Facebook Twitter