恐怖の婚活回想記

怒涛の婚活時代を振り返り、その恐怖と反省を綴ります。

感じのいい新入社員・A男がいた。 彼は誰に対しても平等に挨拶をした。  廊下ですれ違うときもしっかり目を見て、『お疲れ様ですっ!』と元気いっぱいに。  ワンフロアに数百人は在籍しており、自分の周り以外は名前も顔も知らない人・・・もたくさんいた。 挨拶などし

感じのいい新入社員・A男がいた。

 

彼は誰に対しても
平等に挨拶をした。

 
 

廊下ですれ違うときも
しっかり目を見て、

『お疲れ様ですっ!』
と元気いっぱいに。

 
 

ワンフロアに数百人は在籍しており、

自分の周り以外は
名前も顔も知らない人・・・
もたくさんいた。


 

挨拶などしない人間も多く、

すれ違うときは無言は当たり前。

お互いに誰かもわからない。

 
 

そんな状況化であったので、

A男は目立ちに目立った。

 
 

『あの挨拶してくれる男の子だけど・・・』

 
 

全く接点のない女性たちからも、

抜群の知名度を誇った。

 
 

『よく見たら、可愛い顔してるよねー!』

 
 

・・・逆だ。

 
 

よく見たら普通なのだが、

ルックスが印象操作されている。

 
 

気難しいおじさん社員も

A男の手にかかれば、

おじさんの方から声をかけるまでに
関係性が発展していた。

 
 

他にも厄介な猛獣を次々と手懐け、

うまく世渡りを始めたのだ。

 
 

見た目も真面目な青年だし、

きっと誠実な男なんだろうな・・・。

 
 

 

『は?あいつ、クソほどチャラ男っすよ?』


 

な、何ですとーっ!?

 
 

『あいつだけには(チャラさが)敵わない!』
と、こいつに言われたら終わり
レベルの同僚から認められた。
 

 

・・・人は見た目によらぬ。

 
 

どうやら社内の女子にも

手を出しまくっているとのこと。

 
 

が、挨拶の魔法により

憎めない奴の座をキープ。

 
 

出世コースに乗っかったように見えた。

 
 

思えばコスパのよい投資である、

声を出すだけ・・・無料!

 
 

友人C子は新入社員時代に

自分のことを無視する嫌なお局がいた。

 
 

C子が挨拶しても、
無言、気付かないフリをされる。

 
 

そんなことはお構いなしに

お局の目の前に回り込んで、

 
 

『⚫️⚫️さん、おはようございます!』

 

名前も入れ込んで、
獲物を離さなかった。

 
 

こいつ、しつこい!
くらいに繰り返し、

いつの間にかお局と仲良しに・・・。

 
 

あなどれない
挨拶パワーである。

 

雑に行っていては勿体ないな。

 


 

婚活時代の職場こそ、

挨拶を習慣にしておけばよかったー!


ただ歩くだけで知り合いは増え、

その効果は抜群なのである。

 

ーーーーーーー


余談ですが、


ある幼稚園のママさんに
会うたびに挨拶していたら、
恐ろしいことに気付いたんです・・・。


全然、知らん人に
挨拶し続けていたことをー!!



思えば違和感はあった・・・
こんなに美人だったっけ?と。


まぁ、女は顔変わるしな〜なんて
前向きな勘違いしてましたよ。


人違いだと気付いた頃には
あちらから挨拶してくれるようになり^^;
いつの間にか知り合いに。


気になるのは元のママさんの
顔を完全に忘れたこと。


どこに消えたんだ・・・。
いつ入れ替わったんだ?
ま、ええか!


挨拶を続けたら
他人でも知り合いになるという実験を
無意識でやってました。効果アリ。

 

友人A子が電撃結婚した。彼女の結婚式二次会のことである・・・。  会場に着くと、第一のビックリ。  坊主の男がタバコをくわえながら薄汚れた格好で近寄ってきた。 『写真撮った?』 ガラの悪い彼は、いきなり意味不明な事を口走った。 どうやら新郎新婦へのメッセー

友人A子が電撃結婚した。

彼女の結婚式二次会のことである・・・。

 
 

会場に着くと、第一のビックリ。

 
 

坊主の男がタバコをくわえながら

薄汚れた格好で近寄ってきた。


 

『写真撮った?』


 

ガラの悪い彼は、

いきなり意味不明な事を口走った。


 

どうやら新郎新婦への
メッセージを書くために

写真を撮ってくれと言いたいようだ。


 

どこのチンピラかと思ったが、

受付を任された男のようだ。

 
 

いくらなんでも

その風貌はマズかろうに。

 
 

会場に入って二度目のビックリ、

同じようなチンピラが会場中にいた。

 
 

リーゼント風の髪型あり、

ヤンキー風の衣装あり、

ガラの悪い雰囲気である。


 

『受付の男と系統が同じだ・・・』

『新郎の職業は知らないが、
銀行員ではないのは確実ね・・・』
 

 

何とも複雑な気持ちで

新郎新婦を迎えた。

 
 

チンピラたちは酒をこぼして

女性側に垂れ流しているのに、

ぼけーーっと突っ立っていた。

 

 

金のネックレスをつける前に、

気遣いを身に着けてくれよ・・・。

 
 

さてゲームが始まり、
商品が沢山出てきた。

 

気を取り直して、
何かを当ててやろう・・・!

 
 

『は~い、おめでとうございます。
商品は、TENGAです!』


 

男性は一瞬笑い、女はシーン。


 

まさかと思ったが、

アダルトグッズの登場か。

 
 

それにしても、

この手の商品はスベるから危険だ。

 
 

司会者に相当な話術があれば、

笑いに持っていけるが・・・!!

 

残念ながら先ほどの

気が利かないチンピラが進行している。
もはや無理だ・・・!! 

 
 

次の当選者が決まった。

『は~い、バイブで~す』

 
 

男性は乾いた笑い、
女性は更にシーン。

 

何とも微妙な空気が漂っているのである。

 
 

こんな状態が続き、

商品は40くらいあったのだが

20以上はアダルトグッズだった。

 
 

最後のほうは男性すら
笑うことがなかったが、

司会者は全く
気にすることなく進めている。


 

彼が商品を買いに行ったことは、

先ほど本人より発表があった。


 

一体、何を思って

こんなラインナップにしたのだろう・・・。

 

これが新郎を祝いたい気持ちなのか。


 

司会者の表情からは、

『ヤベぇ、失敗したかな・・・』

なんて気持ちは感じらず、

嬉々として進行しているではないか。

 
 

・・・この空気、
どうしてくれよう!!
 

 

『もし私が新婦だったら、この状況、死ぬかも・・・!』

『確かに!友達に申し訳なくて、恥ずかしい!!!』

 
 

ゲームも終わり、

新婦が凹んでいないか不安になった。

 

我々は彼女の傍に近寄った。

そこで新婦、一言。

 
 

『ほんと、今日は楽しい~♪
このドレスも着られたしね~』

 
 

まるで、気にしていなかった!!

 

・・・忘れていた!

彼女こそハイレベル天然女だった。

 
 

今日に関しては本当によかった・・・。

彼女に恥をかかせたくない。


 

関心を示したのは、

この冷え切った空気よりも自分のドレスだ。

 
 

ここまで突き抜けてこそ、
真正天然となれる。

 

 


ちなみに私はこの日、

ボディショップのクリームを当て、

友人はPSPを当てた。

 
 

貴重なマトモ商品2枠だ。

  

100組以上のカップルを別れさせた、 『別れさせ屋』の女性がテレビに登場。 ターゲットの男性はほぼ 落としているというので驚く・・・! 彼女が所属する会社の社長も、 なくてはならない工作員だと大絶賛。 『彼女は距離の取り方が絶妙にうまい! 男心をよくわかっ
100組以上のカップルを別れさせた、
『別れさせ屋』の女性がテレビに登場。


ターゲットの男性はほぼ
落としているというので驚く・・・!


彼女が所属する会社の社長も、
なくてはならない工作員だと大絶賛。


『彼女は距離の取り方が絶妙にうまい!
男心をよくわかっている!』



見た目も普通っぽいことが、
男性に警戒されなくてよいのだそう。


そのテクニックとはいかに?


『髪型は常にロングヘアにしています。
相手の好きな髪型に合わせられますので』



こんな地道な努力から・・・、


『LINEは既読になる時間を見ますね。
仕事中でもバンバンつくときは、
そろそろ落ちてきたな
・・・という頃合いです』



細かな感覚まで・・・。


ちなみにメールのやり取りでは
キラーワードというものは存在せず、
相手によって内容を変えていた。


共通するスローガンは、
『性的なものは抱かせない』ということ。


『軽いなって思われた時点で、
男性は女性に興味がなくなりますから』



ピュアな関係作りを徹底している。


『デートの別れ際も
今日は帰りたくないとは絶対に言わず、
『寒くなってきたので温かくしてくださいね』
と相手を気遣った声をかけます』



別れさせ屋の商売自体、
身体の関係を
持ってしまうと法に触れるので
あくまでも追いかけてもらう。


『グイグイくるような人はいないです。
そうならないように、関係を築いています』



タンスを動かしてほしい
などの雑用で 家に呼んでも
(工作員用に会社が借りている)、
手を出してこないように手懐けている。


これはターゲットが部屋に入る瞬間を
写真に収めるためだというので恐ろしい。


『ゲーム感覚です。
流れを作っているときは楽しい!』



彼女のように自分が計算した通りに
相手を惚れ込ませることができたら、
恋愛も結婚も苦労はないだろうな・・・。


プライベートでモテない女が
別れさせ屋に転職しても、
ターゲットと恋仲に発展せずに
お払い箱になってしまうだろう。


才能が必要な職業であった・・・。


CA9D2CAF-60BC-4976-99C2-96741275303E


『別れさせ屋は必要悪です』


この人と付き合いたい!結婚したい!
と自らをプレゼンする婚活界とは違い、
穏やかに信頼を積み上げていく世界。


嘘の関係なのに人間界大事なことで、
考えさせられるのであった・・・。


平和すぎるアンパンマンの世界に、オトナのいい女が登場してた。  こちら、マダム・ナンさま。(以下・マダム)    悪役・バイキンマンに対しても完全なる神対応・・というか超・ポジティブ。  彼が悪いことをしているのを見ても、まるで信じないマダム。  『バイ
平和すぎるアンパンマンの世界に、
オトナのいい女が登場してた。
 
 
こちら、マダム・ナンさま。(以下・マダム)
 
 
 
 
悪役・バイキンマンに対しても
完全なる神対応・・
というか超・ポジティブ。
 
 
彼が悪いことをしているのを見ても、
まるで信じないマダム。
 
 
『バイキンマンさんは、
天使のようなお方ですもの♡』
 
 
いい奴扱いされ、
虫唾が走るバイキンマン。
 
 
『俺は悪いことをしてるんだー!』
 
 
自己申告があっても、
マダムには伝わらない。
 
 
『またまたご冗談を~!
バイキンマンさんがそんなことを
なさるわけがありませんわ♡』
 
 
イラついて地面を叩き割る彼。

 
俺はワルだぜ!
精一杯のアピールを見せつける。

 
亀裂からは地下水が噴き出し、
枯れた花に水が行き届くという結果に・・・。
 
 
『バイキンマンさんは、
お花にお水をあげたかったのね♡』
 
 
ならば・・・と
弱い者から所持品を奪おうとしても、
 
 
『バイキンマンさんは、
荷物を運んであげているのね♡』
 
 
やることなすこと、
全てがから回るバイキンマン。
 
 
アンパンマンたちが
いくらバイキンマンを悪扱いしようが
マダムだけは真っ直ぐな心で
彼を信じたのだ・・・危険なほどに。
 
 
『あなたはいい人』
『あなたがそんなことをするワケがない』
『バイキンマンさん、大好き♡』
 
 
・・・するとどうだろう、

 
バイキンマンの行いが
結果『いい奴』寄りに導かれたのだ。
 
 
これは言霊の力とでも言うのか・・・。
 

婚活界でも同じだ。
 

怪しい行動が多い男に、
疑惑をぶつけることはできる。

 
ところがマダム・スタイルで
100%信じてみたらどうなのだろう・・・。
 
 
『あなたはとってもいい人』
『あなたはそんなことをしないわ』
『あなたが大好き♡』
 
 
浮気したでしょー!と
ガミガミ責め立てるよりは
罪悪感で行動が改められるかも。
(※本物の悪党はこの限りではない)
 
 
マダム・スタイルは
自分の心が穏やかでいられる
究極の方法であった・・。
 
 
とはいえ、
実際に浮気抑止効果があるのは、
『こいつにバレたら抹殺される・・!』
という無言の武力だと思うが!
 
 
武力 > マダムスタイル > 騒ぐ女


会社員だった日のこと・・・。  目の前で女子社員たちが話していた。内容が聞こえ、切なくなってきた。 可愛い新入社員A子が、『あなたの婚期は31歳よ!』と占い師に言われたようだ。     『え~まだ何年も先じゃない~!でも、30歳なんてすぐだからねぇ~』  諭す
会社員だった日のこと・・・。
 
 
目の前で女子社員たちが話していた。
内容が聞こえ、切なくなってきた。

 
可愛い新入社員A子が、
『あなたの婚期は31歳よ!』
と占い師に言われたようだ。
 
  
 
 
『え~まだ何年も先じゃない~!
でも、30歳なんてすぐだからねぇ~』
 
 
諭すように大声を上げるのは、
誰よりも年齢を気にするB子(アラサー)。
 
 
とくに三十路越えをしてから、
お局キャラに磨きがかかった。

 
『え~あなた、
そんなに結婚したいわけぇ~?』
ぐいぐい迫るB子。
 
 
『いや・・・そういう訳じゃないんですけど・・・』
答えに気を遣っているA子。
 
 
何故ならB子は恋愛で何かあると
すぐに会社を休むのだ。(やけ酒の二日酔い)
 
 

病みやすい女として、

社内でも超・有名人。



気は強いがスーパー繊細・・・

というややこしいキャラなのだ。

 
 
『B子さんって、
結婚したくなさそうですよね!』
 
 
話題を自分からそらしたA子。
するとB子は突然、上機嫌に。
 
 
『え~♡私って結婚したくなさそうに見えるぅ!?』
 
 
・・・そんなことはない。

 
あんたが誰よりも
結婚したがっているのは、
会社中が知っている!
 
 
私は黙って下を向き続けた。
 
 
『ねぇねぇ、三重県さん!
私って結婚したそうに見えないですかぁ!?』
 
 
・・・予想外の展開!
急にボールが飛んできた。

 
結婚願望の化身にしか見えぬ。
私がそうだったため、
同類の嗅ぎ分けは得意だぞ。

 
・・・とはいえず、
適当にごまかした。

 
『B子さんの周りは、
いい男がいっぱいいそうですね~ !』

 
当たり障りのないヨイショを始めるA子。

 
『え~私、誰にも男を紹介されないのぉ!
周りに頼みまくってるのにぃ!』
 
 
『学生時代の友達が、一人もいないのぉ~!』

 
悲しいことを
何故か嬉しそうに語るA子。

 
そりゃそうだ。
こんな情緒不安定な女に
大事な人を紹介できない


まずは紹介される女にならないといかん。
 
 
B子は可愛いから、
理想が高いと思われてるんじゃ・・・
 
 
周りの男達も結婚しているから、
紹介のハードルは高そうだね・・・


など、無難なことを放った。
 
  
 
B子が去った後、どっと疲れが・・・。
 

『あんな病みやすい子に、
真実は言えなかった・・・』
 
 
残ったA子に
反省の弁を述べたところ、
 
 
『いえ・・・話に入ってくれて助かりました・・・!』
 
 
難しい年頃、三十路・・・。
B子よ、30代も悪くないぞ?

 
変わったのは
おぬしの心の中だけよ。
 
 
・・・虚勢張っていないで、
結婚したいなら
死に物狂いで頑張ってくれ!!!


 

欲しいものを欲しいと言うことは

ちっとも恥ずかしいことではない。



早くいい人を見つけて欲しい・・・!
チームメイト達のためにも。
 
 

  


友人A子(アラフォー)から連絡が・・・。 『B男から生存確認のメールがきた(笑)』  ・・・ええっ!?思わず二度見した。  B男というのはA子がその昔、惚れに惚れ込んでいた元彼である。  当時アラサーだった彼女よりも一回り以上年上だった彼。  なかなか連絡が
友人A子(アラフォー)から連絡が・・・。

 
『B男から生存確認のメールがきた(笑)』
 
 
・・・ええっ!?
思わず二度見した。
 
 
B男というのはA子がその昔、
惚れに惚れ込んでいた元彼である。
 
 
当時アラサーだった彼女よりも
一回り以上年上だった彼。
 
 
なかなか連絡がつかなかったり、
泊まろうとしなかったり、
旅行も断られたり・・・。
 
 
既婚者では?
と疑うことだらけだった。
 
 
ところがオトナの魅力に
若い彼女はメロメロとなり、
立場の弱いまま交際は継続。
 
 
惚れに惚れ込んだ、
大恋愛の思い出である。
 
 
別れてからというのの、
一切の連絡はなかったのだが
突然の生存確認・・・。

 
むしろお前こそ
生きていたのかー!
 
 
近況をB男に返信した。
ついでに・・・、
 
 
『あの頃から、結婚してたんでしょー?』

 
今となってはどうでもいいが、
興味本位で聞いてみた。
 
 
『正確にはバツ後で揉めていて
泊まりとかできなかった、ゴメンねー』
 
 
真偽の程は謎だが、
こんなことすら
聞かされていないくらい
うすーい関係だったのだ。
 
 
『私は結婚して幸せに暮らしてますよ♡
と見返したい感情すら湧かなかった・・・』
 
 
当時は燃えに燃えていて、
命懸けの恋だったのに。
 
 
『カツラでも彼が好き!』と、
謎の愛情宣言をされたことも思い出した。
(強風でも動かない毛髪から推定)
 
 
『付き合いの浅さに比例して、連絡がくる!』

 
・・・確かに!!
 
 
付き合いが薄い&浅いほうが
時間が経ってから連絡しやすい・・・。

 
私も結婚した後に、
吹いて飛びそうなくらい
軽い関係だった人々から連絡があった。
 
 
結婚したと伝えた途端、
二度と連絡がなくなるほど
どこまでも薄い関係・・・。

 
 
『付き合っていて
何かおかしい変だと感じたら、
やっぱり何かあるんだと
後世に伝えたい!
飲み込んで我慢したらダメだ!』
 
 
・・・そうなのだ。
 
 
疑惑が出てきても、
惚れた弱み・恋心で見逃しがち。
 
 
ハラハラを大好きだと
勘違いする悪例である。

 
トキめきは正しく
感じなければならない。

 
そのドキドキは、
ヒヤヒヤやハラハラではないか?

 
両者は似て非なるもの。
混同しては女の貴重な時間を失う。

 

世にも残酷な見世物を見つけてしまった・・・。  インターネット上に美女が並んでいたので、クリックしてみた。  すると、女性の写真とプロフィールが。 一般人を捕まえたであろう、ファッションサイトに見えた。 『君も投票してみるか?』というボタンが現れる。 さ
世にも残酷な見世物を見つけてしまった・・・。
 
 
インターネット上に
美女が並んでいたので、
クリックしてみた。
 
 
すると、
女性の写真とプロフィールが。

 
一般人を捕まえたであろう、
ファッションサイトに見えた。

 
『君も投票してみるか?』
というボタンが現れる。

 
さて、問題はここからだ・・・。
女の子の写真が二枚出てきた。
 
 
『どっちがいい?』
と私に聞くではないか。
 
 
顔のアップが掲載されているし、
明らかに顔面を比較する
意図が含まれている。

 
投票とは候補者複数いて、
その中から一押しを
選ぶものではないのか。
何故にタイマンスタート。


何も考えずに
一方の女の子を選んだ。

 
すると・・・
 
 
彼女たちの写真の下に、
数字が浮かび上がった。
 
 
『注目度30%』 『注目度65%』 との表示。
 
 
これは・・・注目度という名を借りた
公開・顔面採点ではないのか!
 
 
いやいや、まさか。
確認のため、
100人ほど投票を続けた。(←暇人)
 
 
ちょうど大晦日から、
元旦になった頃であった。

 
新年早々、
何をやっているんだ・・・。

 
 

結果、可愛い子には
高得点がついている事実に辿り着く。
 
 
・・・点数に偽りなし!
 
 
酷い子になると、
一桁なんて子もいた。

 
これ、本人が見たらひっくり返るぞ・・・。
 

掲載の意図をちゃんと
把握しているのだろうか・・・。
 
 
『写真撮られちゃって、載るんだよ~』
周知するだけして、いざ確認。
 
 
『注目度:4%』 なんて出たら・・・!
死を意味する。


ロングヘア、女子アナ風、アイドル風は強かった。

 
金髪のベリーショートになると、
一気に点数ダウン。
 
 
黒髪のフワフワセミロング
だと点数アップ。

 
顔自体はどれも大差なし。
 
 
シンプルなシャツや
ワンピースの子にも
高得点がついた。

 
もう一度言うが、顔は大差ない。
 
 
奇抜なお洒落は、
よほどの美女でないとダウン要素に。
 
 
これは・・・
没個性の日本人と言われようが、
無難な格好しておいて損はないのか・・・。(※但し、美人は除く)
 
 
 
女子投票をこなした後、
なんと男性バージョンも発見!
 
 
こちらはなかなか、
奇抜な格好をした面々がずらりだ。
 
 
首に妙な金属片を巻きつけたり、
顔の様子が判別しにくい帽子を被ったり。
 
 
やはり点数が高いのは、
普通の格好をしたイケメン・・・。

 
 

ターゲットを定めずに
広く好かれたいならば、

いらんことをしないのが一番!

 
 
それにしても、お洒落とは一体・・・。
答えが出ない夜であった。
 
 

 

 

本日は読者の方から心の叫びを頂きました! アラフォーのA子さんからです♪ 『今、9歳下の男の人が気になってます。気になる人ができたのは、珍しいです。 その彼とは一軒目で仲良くなり、そのまま二軒目に誘われて飲みに行きました。  私のコトが圏内なのかな?って感
本日は読者の方から
心の叫びを頂きました!

 
アラフォーのA子さんからです♪

 
今、9歳下の男の人が気になってます。
気になる人ができたのは、珍しいです。

 
その彼とは一軒目で仲良くなり、
そのまま二軒目に誘われて飲みに行きました。
 
 
私のコトが圏内なのかな?
って感じだったのですが…。
相手の気持ちはわかりません。
 
 
ただ…綺麗ですね!って言われ、
舞い上がってるのも事実です。

 
社交辞令なのかなぁ?と、
傷つかない予防線は張ってます。

 
期待とネガティブな気持ちが
ごちゃごちゃです。

 
相手の気持ちなどわかるはずもないし、
状況も変わらないとは思いますが、
メールさせてもらいました!』
 

ええですなぁ、
新たな出会いの予感!!!
うまくいきますように・・・!

 
彼の気持ち・・・
彼にしかわからん世界ですね。 
 
 
そんなA子さんに、
『wise words~人生を素敵にする60の言葉』
という本から
ピッタリなお言葉を発見♪


wise words―人生を素敵にする60の言葉
ジョー ライアン
パイインターナショナル


 

『まず、成し得てから考えよう』

 
告白されても困るから会いたくない。

 
結婚したら自由がなくなるから困る。

 
彼と付き合っても、
住まいが離れているし・・・等々。
 
 
我々専門筋の間ではこれらを、
『いらん心配』と呼んでいます。
 
 
何かが起きてから
考えても遅くはない。

 
自分がいらん心配をしている間に、
世のライバルたちは矢を放ち、
網を投げ、獲物を獲得している・・・。
 
 
いらん心配はときに楽しく、
ただ時間が流れるだけの効果がアリ。

 
【いらん心配 チェックリスト】 (※ただし相手が独身者に限る)
 
・真剣交際を求められた
・プロポーズされた
・婚姻届を持ってこられた
 
 
○が1つもつかなければ、
いらん心配の可能性・大。


気になるのなら自分から
どんどん誘ってしまいましょう。 
寿命には限りがある・・・! 

 
朗報をお待ちしてま~す♪

C9DD6FCD-9291-4E75-A88F-A2CBCF7510E7
 

 

友人A子から大量の画像が送られてきた。  開いてみるとボケ画像ばかり。しかも北斗の拳ではないか・・・!  1人で抱え込むことができなかったのだろう。 一応、婚活ブログなので生活にありそうなシーンをご紹介する〜。 まずはこちらから!強面にもかかわらず気弱なセ

友人A子から大量の画像が送られてきた。

 
 

開いてみるとボケ画像ばかり。

しかも北斗の拳ではないか・・・!

 
 

1人で抱え込むことが
できなかったのだろう。

 

一応、婚活ブログなので

生活にありそうなシーンをご紹介する〜。


 

まずはこちらから!

強面にもかかわらず

気弱なセリフを言われたら、

同情票が集まりそうな予感!

 
 

『強そうだね!』

『1人で生きていけそうだね!』と

言われがちな者はこの自己紹介を。

ギャップが生まれていいかもしれぬ。
 
 

続きまして、こちら!


二次会のカラオケで

彼が混ざっていたら・・・!

 
 

ここまで突き抜けた真面目キャラと

カラオケに行ける機会に感謝。
しかし目が笑ってないから恐怖! 

 
 

続きまして、永遠の割り勘問題。


 

 

仲人さんが言っていたのだが、

結婚が決まるのは
割り勘をする女性なのだと。

 
 

奢るよ・・・と言われても、

悪いので・・・と札束を出す。

 
 

それもどうなのだ。

人の好意は素直に受け取れば・・・。

 
 

本気で払いたければ、

この絵くらいの熱意を見せつけたい。

 
 

奢るポーズ、
払うポーズなどいらん。

本気と本気のぶつかり合いだ。

 
 

お次は哀愁漂う、こちら!

 


フラリと立ち寄った

コスメカウンターにて肌診断・・・。

 
 

思いの外、
水分量が不足していたら・・・!

心の中はこんな気持ちとなる。

 
 

『ない』ものに目を向けてはいかん。

僅かな水分でも『ある』のだ。

 
 

キン肉マンにてラーメンマンが、

『ないもの以外、全部ある!』と言っていた。

 
 

乾燥肌でも水分はある!

 
 

お次も切ない、こちら!

 

 

またまた輩集団の一コマである。

 
 

叫ぶタイプのセリフは

パロディ化しやすいようだ・・・。

 
 

ネタとしてはオモロイが、

婚活界ではこのような者が最後まで残る。

 
 

真剣な者を笑っているうちに、

自分も同じ立場になるのさ・・・。

 
 

続きまして、こちら!

 

別れ話が出てきたら、

暴れようが説得しようが修復は困難。

 
 

第三の手として、
こちらのセリフを使うのはどうだ。



別れ話を完全無視して、己を貫く。


 

これぐらい真剣な表情を出さねば、

自分のペースには持ち込めない。
万に一つの逆転を目指して・・・! 

 
 

最後はこちら!

 

合コンのお店が

男女共有のトイレだったら・・・。

 
 

この一言にて優先順位1位を獲得、
一番前にしてくれるはず。


 

命の恩人ということで、

仲良くなれるかもしれない。

 
 

思い切った一言が、人生を変える。