『昨夜、大事故に遭ったわ・・!』
くたびれたA子が現れた。

いいなと思った男性に誘われたので、
食事に行ったとのこと・・。

何事もなく1軒目が終わり、
2軒目に行こうとの話に。

ここまでは問題がなかった。

雰囲気のいいバーに連れていかれ、
急に男のスイッチが入る。

終電がなくなるから帰るという彼女を、
無理やり引き止めて帰さない。

『今夜は泊まろう!』の一点張り。
テコでも動かない頑固さだ。

終電の時間はますます迫り、
なんとかお会計に持ち込んだ。

彼はヘソを曲げたのか、
財布を出そうとしない。

早く帰りたいA子は、
仕方なく2人分の会計をした。

1杯しか飲んでいないのに、
9000円を支払うハメに。

無駄にお洒落な店で、
手痛い出費である。

駅に向かう道でも、
彼はグチグチとしつこい。

まだ家に来い!家に来い!と
諦めずに誘ってくる。

しまいには嫌味たっぷりな口調で
このように述べた。

『ふーん、そうやっていつも帰っているんだ?
何?3回目ならOKとか決めてんの?定番だね』

ただ家に帰りたいだけのA子に
悲があるとばかりに、
あれこれと責め立てる男。

本当に一緒にいたければ、
自ら終電など逃すであろう・・。

女性に断られているだけなのに
相手を責めるなんて、
お門違いにもほどがある。

111

このいざこざにより
本当に終電がなくなり、
仕方なく友人の家へ泊まったA子。

翌日、心身ともにボロボロの姿で
我々の前に現れた。

美人の彼女は、事故が多い。
これは運命なので、
仕方がないかもしれない。

誰からも誘いがない女子は
攻撃されることなく、
無傷で元気に生きられる。

美女が歩けば、事故に当たる。

いい思いもする分、
事件の振り幅も大きい。

色々あってこそ、女の人生・・!


無題