A子からメールが来た。
『本当に疲れたわ・・私って一体・・』

本日はお見合いであったようだ。
想定内ではあったが、
写真以上に老けたオジサンが登場。

彼女は腹を括って、笑顔で対応した。
この人に、何かいい所があるかもしれない・・!!
希望を持って、挑もうとする。

ところが彼、自己紹介もそこそこのうちに
マンションを買った話を延々と始めたのだ。

A子が喋る機会もなく、ローンの話に突入。
彼女に関しての質問が全くない。

おいおい、
あんたが見合いを申し込んだのだろう・・。

ローンに詳しいA子は彼の話題に対して、
何でも教えてあげたそうな。

お見合いは一時間なので、あっと言う間に終了。
まるでマンション購入セミナーであった。

わざわざ美容院まで行って、
準備したA子。

あろうことに、
彼の方から『お断り』してきたのだ。

ほぼ喋っておらず、彼の質問に答えただけ。
しかもローンについて一時間、延々と。

しまいにゃ、断られたと来たもんだ。
彼女の落ち込みと疲労といったらない。

お見合いで断られた話なのだが、結構聞く。

ある友人なんて、
美人の20代なのに断られた。
しかも相手は中年男性。

他にも、こちらから葬り去りたいトンデモ男なのに
一歩先に断ってくるケースも多数。
女性側の衝撃は、計り知れない。

決して珍しい話でも何でもない。
結婚相談所で活動中の友人が、こう分析した。

『相談所なんてそんなもんよ!金を持った人が
人生で初めてのモテ期を迎えるんだから!』

高収入に絞って探すからいかんのだが、
何だか答えが凝縮されている・・。

人生で初めてのモテ期がやってくるなんて
そりゃ、制御不能にもなるだろう。

今まで扱ったことがない、
モテのパワーは絶大。

人一人の人格など、
容易に変えてくれよう。

46


お見合いは一回会って、
『アリ』か『ナシ』を決める。

システム上、
『ナシ』宣告を受けるのは仕方がない。
 
これが合コンだと、
誰からも連絡が来なかったら
お見合いの『ナシ』宣告と同じ意味をなす。

つまり、全員から『ナシ』だと思われた。

重い現実ではあるが、
誰もそんなことは気にしない。

なぜなら、
彼らから直接聞いた訳ではないからだ。
言葉の力とは偉大である。

『あなたは、自分からアプローチするほどではない』

と、面と向かって言われたらガーンだが、
耳に入ってこなければ、無傷同然。

先ほどの20代だが断られたら美女は、
合コンで結婚した。

『断られるショックを考えると、合コンが楽!』

また、相談所で結婚した友人は

『交際が始まると、結婚までの期間が早い!』

どちらも、一長一短である。
己に合った、戦い方を・・。

相談所⇒見える大きな傷を負いながら、確実に攻めていくか。
合コン⇒見えない多くの傷を負いながら、数で攻めていくか。