OLの皆さん・・・・
どんな男が隣の席に来たら嫌だろうか。

一日の大半を過ごすオフィスだ。
少しでも快適な環境が望ましい。

女性に嫌われる隣人シリーズを紹介する。
全て、私も体験済みだ。

1位:臭い

経験上、3名以上はいた。これが一番辛い。

ワキガや加齢臭のような、不可抗力なら仕方がない。
人間なので、そのあたりは目をつぶろう。

香水やタバコなどの、人工的な臭いは困る。

私は鼻の穴が小さいと医者に怒られたのだが、
何故か異臭だけは敏感に察知する。

仕事にならないくらいの吐き気がした。
雨の日など、遠くにいても存在を感じる。

ナウシカのマスクを貸してほしい。毒が肺に入る。


命の危険を感じ、
かなり気まずいが、臭い男に直談判した。

『申し訳ないのですが・・香水がきついので、やめて下さい』

言った・・。非常に言いにくかった。やっと言えた。
これで、私の人生に劇的な平和が訪れるだろう。

信じられない一言が返ってきた。
『ええ、俺じゃないよ!?』

・・おふざけも大概にしろ。お前以外には、考えられん。

しかし、翌日から異臭が大幅ダウン。
こっそり香水をやめたようだ。ありがとう、勇気。





2位:咳をする時に、マスクをしない

これも多い。何故か、私の目の前にやってくる。
嫌がる者に、寄ってくる習性があるのだろうか。

ゴホゴホ咳をしているのに、
マスクはおろか、手で口を塞ぐことすらしない。

飛沫も飛び散り、かなりおぞましい。

存在感と生命力がない者に限って
咳やくしゃみの音だけは、ものすごくデカイいのは何故だ。

誰もいないと思っていた場所から
『うぇぃっくしょーーーーい!!! (俺、ココニ、イル)』
大音量で聞こえる咳に、周りが驚く。

あいつ、いたんだ・・初めて存在が気付かれる。
彼から発せられる音の中で、一番ボリュームがでかい。

いつも咳き込んでいる輩が、前の席にきた時である。
もちろん、ノーマスク、ノー口塞ぎだ。

周りの女子が、苦い顔をしている。
こっちに、エキスを飛ばすな・・皆の心の声だ。

見かねた私は、マスクを渡した。
『風邪ですか?これ、よかったどうぞ』
そいつは、訝しげにマスクを眺めていた。

おい、マスクくらい見たことがあるだろう。
使い方、わかるよな。さっさと着用せよ。

そいつは3分ほど使用したのち、
邪魔になったのか、顎にずらしてゴホゴホ始めた。
本当に殺したくなった。



中には、隣の席の若い男と結婚した人もいます。
そんな奇跡の人もいれば、臭い人を繰り返す私って・・。

こんな人の隣になりたい・・なんて望みません。
臭くなくて、咳をマスクで塞いでくれる人がいいです。

婚活も、これくらい最低ラインの理想を掲げると
大体の人がストライクになります。


ランキングに参加中です(^-^*)

こちらのボタンを、ポチお願い致します♪
↓↓↓




会社の男たちの様子を描いた記事はこちら

どうしようもない感満載です。

↓↓↓