恐怖の婚活回想記

怒涛の婚活時代を振り返り、その恐怖と反省を綴ります。

こちらのブログに迷い込んだ方が検索していたものは何か?心に刻まれたものをご紹介しまーす!『これから出逢える婚活中の友達が羨ましい』前向きに考えたらそうではあるが、婚活で病んでいるときに既婚者から聞きたくないセリフではある。『聖闘士 婚活』聖闘士星矢ファンで
こちらのブログに迷い込んだ方が
検索していたものは何か?


心に刻まれたものをご紹介しまーす!


『これから出逢える婚活中の友達が羨ましい』
前向きに考えたらそうではあるが、
婚活で病んでいるときに
既婚者から聞きたくないセリフではある。


『聖闘士 婚活』
聖闘士星矢ファンであろうか。
年代を感じた。ちなみに私は牡羊座である。


『31年間彼女なしが婚活』

『31年間彼女なしがネット婚活』
一歩踏み出すのはよいことですな〜。
何もしないと32年、33年と自動更新よ。


『女の相談は話したいだけ』
不倫だの、彼氏が結婚してくれないだの、
出会いがないだの、
ダメ男から抜けられないだの・・・。


女の数だけ、恋の相談あり。


客観的な意見を取り入れたら、
すでに現状を打破できているはず。
・・・そう、ただ話したいだけ!
 

『35歳 婚活 男性の親猛反対』
『両親に結婚反対されて破談 37歳』
ただでさえアラフォー婚活は大変なのに、
彼の両親問題で破談になるケースがある。


私の半径5メートルでも数件発生しているので、
決して珍しいケースではない。


『負け惜しみを言う男』
引き際が美しくないと、
このように汚名が残るのか。

 
存在を忘れてくれたほうが、
どれだけありがたいことか・・・。


『いい男に遭遇する確率』
私が独自調査した結果では
合コン15回に1回、
自分の中でのヒットに出会った。


『既婚者だけど合コンしたい』
正直でよろしいが、
せめて対戦相手は既婚者にしてくれ。

 
婚活界に現れたら迷惑!
こちとら遊びではないのだ。


『ゼクシィ 呪文 恐怖』
彼氏を試す(=恐怖を与える)呪文、
『ゼクシィ買ってきたよ!』
何が起こるかわからない、パルプンテ。


『合コンに誘われない 美人』
いや・・・美人は目玉商品で誘われるはずだ。
他の理由は胸に手を当てて考えてくれ。


『結婚はしないと言っていた彼と結婚した』
ええ!あのピーターパン(悪い意味で永遠の少年)が!?
という男たちが、3人同時に結婚した年があった。


結婚しないとは言っていても、
相手によってはポンと入籍することもある。

【参考資料↓】
 


『プロポーズしてくれない 別れる』
この決断をした友人たちは、
例外なく更にいい男に出会って結婚している。


『アラフォー お見合い 不人気』
男女ともに若い衆が人気なのだな・・・。
不人気を嘆いても仕方ないので、
対面してからが勝負だ。


 『木刀で制圧』
古き良き手法である。

 
高校生の時、
木刀で生徒を制圧した先生がいた。
彼から学ぶものは多かった。

【参考資料↓】




『雑誌に出たがる美魔女』
せっかく美魔女デビューしたのなら、
成果を披露したくもなる。
 
 
  

『あの人と結婚していればよかった』

過ぎたことは仕方なし。
逃した魚はだいたいデカい・・・。

 
 
『プロポーズ渋った結果』
・・・まさか、
あの人と結婚していればよかったのか。
 
 
『割り勘問題』
割り勘問題に悩む女性と、
絶対に奢らない男性との終わりなき戦い。
 
 
奢られることを頑なに拒否する女性も参戦し、
人類永遠のテーマとなる。 

 
『婚活パーティで彼女いない歴≒年齢の彼氏に出会いました』
イコールではなく、ニアリーイコールとは・・・!
二次元の彼女をカウントしたのかもしれない。
 
 
『相席カフェ 銀座 どうよ?』
自分の目で確認するがよし。

 
『花嫁ブーケトス 自分のところにきたら』
取りこぼすことなく奪い取るべし。

 
私は隣の人の目の前に飛んできたものすら
左手で横取りしたこともある。
・・・効果はなかったが! 
 
 
『旅の出会い 時間の無駄』
インドの宿で知り合った男性と
結婚した友人がいる。何が起こるかわからん。
 
 
『自分で選べる立場という男』
周りが認める分にはいいが、
自分発信はこれ以上なく格好悪い。

 
 
『目つきが悪い人が多い三重県人』
そんなことはないぞ・・・ヤンキーは多めだが。
 
 
『みえけんちゃん ブログ』
『三重県さんのブログ』
敬称をつけてくれて、ありがとう。

 
『世にも残酷物語』

婚活界は残酷なのだ。

普段の生活では経験しないであろう、

自分・全否定を味わうこともある。
 
 
『悪質常連 2』
1はどうした、1は。シリーズものかい。

 
『あちらのお客様からです』
サイゼリアで本当に言われた友人がいる。
店員は笑いながらワインを持ってきた・・・。
 
 
『既婚者がコンパして集まる女って?』
それを被害者と呼ぶ。

 
『婚活市場 20代女の荒らし』
昨今は20代のほうが本気を出してきているので、
アラサー以上は気合が必要だ。
 
 
『ゼクシィ 逃げたい』
男性にとって恐怖の書物、ゼクシィか。
CMが流れたらヒヤっとするのであろう・・・。
(⇨⇨ゼクシィの破壊力とは
 
 

結婚したい、結婚したい!!結婚したーーーーーいっっ!!・・・そんな時期、友人に言われた。 『あんた・・・ゼクシィ10冊背負っているから、ダメなんだよっ!』そんなに結婚したいオーラ出てた?かなり重いではないか。 いい歳こいた女から『結婚したい!!』気配がムン

結婚したい、結婚したい!!
結婚したーーーーーいっっ!!


・・・そんな時期、友人に言われた。
 

『あんた・・・
ゼクシィ10冊背負っているから、ダメなんだよっ!』



そんなに結婚したいオーラ出てた?
かなり重いではないか。
 

いい歳こいた女から
『結婚したい!!』気配がムンムンしていたら・・・。
 


男だったらさっさと逃げたいものだ。

 

軽い気持ちで近寄ることなど、
怖くて絶対にできない。


 

ゼクシィ10冊は背負いすぎたな
・・・せめて5冊に減らすか。

 

いや、1冊にしておくべきか・・・。



自分のキャラ設定に悩んだ。
そして、結論を出した。




『よし・・・なんなら倍の、20冊背負ってやる!』

 
 

気が狂ったのではない。
私の作戦はこうだ。



願望は消せやしない。
10あるものを、5や1に減らすのは無理!

 

ならば倍に増やして、
幕をかけて完全に隠そう。



逆転の発想だ。
中途半端なことはしない。

 

チビチビ冊数を減らすような
セコイことはなしだ。



とことん、やろう。私は20いくぞ・・・!
なんの戦いだ、これは。 



 
 

そうなると、集中した。

結婚願望を出さないように、意識した。



物言わずとも年齢だけで
十分に結婚願望はアピール可能。

過剰に隠すくらいで、ちょうど人間になれた。



20冊のプライドを持って、
必死で婚活に励んだ。

 

まるで1冊も持っていないでーす♪風にて。



・・・結果、
夫には結婚願望を悟られることはなく

無事に婚姻届にまでこぎつけた。



その頃には50冊は背負っていたのだが、

完全に隠す術をマスターしていたのだ。
 



ーーーーー

 

同世代の男友達に
冗談交じりに言われたことがある。

 

『結婚願望のない、若い女の子いない?』



これが本音か・・・。



相当いい女ならば
重くても近寄る価値はあるが

普通の女性から『近寄るなら責任とってね』
オーラが出ていたら・・・・恐怖!



若い女性が人気なのも、
様々な理由があるんだな・・・。
 


ゼクシィを完全に隠す作戦は、
完全なる的外れではなかった。


最初だけは隠しておいた方が
色んな意味でチャンスは広がる。



最近のゼクシィは付録が豪華で
人間界に馴染んできてますね〜♪



先日ご紹介したミスド✖️ピエールマルコリーニですが、 友人から『買えない!!』と悲鳴が上がっております。売り切れ、行列、奪い合い、菅田将暉の乱と呼ばれ幻のドーナツになりつつあります・・・。そんな私が最近よく買っているGABチョコのご紹介でーす♪↓↓↓  3粒が
先日ご紹介した
ミスド✖️ピエールマルコリーニですが、 
友人から『買えない!!』と
悲鳴が上がっております。


売り切れ、行列、奪い合い、
菅田将暉の乱と呼ばれ
幻のドーナツになりつつあります・・・。


そんな私が最近よく買っている
GABチョコのご紹介でーす♪
↓↓↓
 


3粒が推奨量のところ
2箱食べた朝に書いております。


↑単位がおかしいですが
今のところ元気に生きてます!





『娘の代わりに、結婚相談所の説明会に行ってきた!!』  友人A子(50代)が独身の娘を片付けたいと動き出した。 彼女が飛び込んだのは、男性が圧倒的優位な相談所。  同じ相談所に入会した友がいるが、生きて帰って来た者はいない・・・。  高スペック男性は格安で入

『娘の代わりに、結婚相談所の説明会に行ってきた!!』

 
 

友人A子(50代)が独身の娘を

片付けたいと動き出した。


 

彼女が飛び込んだのは、

男性が圧倒的優位な相談所。

 
 

同じ相談所に入会した友がいるが、

生きて帰って来た者はいない・・・。

 
 

高スペック男性は格安で入会できるため、

冷やかしも多く、真剣度は低め。

 
 

20代の頃は多くやってきた申し込みも、

32歳になった途端にピタリと途絶えて
退会したと友は言っていた。

 

ちなみにA子は娘を入会させなかった。

 

 

『男性ばかりが優遇されてて、腹が立ったの!』


 

まぁ母親としてはそうだよな
・・・大切な我が子。

 


しかし婚活ビジネスの世界では
強い者が優遇されるシステムよ。

 

足下を見られた料金も、

財力ある男性と結婚したい
女たちが作り出した結果ではある。

 
 

『結婚はしてほしいんだけど、家から出て行くのは寂しいのよね・・・』

 
 

超仲良し母子で時間があれば

お茶に旅行にデートを楽しむ、

友達のような関係である。

 
 

別の友人B子(アラフォー・実家暮らし)も

まさに友達親子。


 

母親とアイドルの追っかけをし、

旅行に買い物にと大の仲良し。

 
 

嫁にいけと言われたので、

いざ婚活開始すると母親の態度が急変! 


 

出会う男にケチをつけるようになり、

あなたは結婚できないと、ネガティブ発言を連発。

 
 

娘が出て行くのが寂しくなったのか・・・。

30年も40年も連れ添ったのだ、無理もない。

 
 

18年で別居となった私からすると

ちょっと羨ましいが。

 
 

仲良し親子であるほど、強い気持ちで

同じ目標(この場合・結婚)を目指さねばならない。

 
 

どちらかがブレると、計画は破綻する。

 
 

 

 

ある日の合コンのことである・・・。男女共に寄せ集められた感満載の、見知らぬ者同士がメンバーであった。『今日は何も生まれない』早々に察した誰かが、過去の恋愛を暴露し始めた。それに続いて我も我もと、酷い恋愛の発表へと移ったのだ。誰が一番、ネタ的におもしろいか
ある日の合コンのことである・・・。


男女共に寄せ集められた感満載の、
見知らぬ者同士がメンバーであった。


『今日は何も生まれない』


早々に察した誰かが、
過去の恋愛を暴露し始めた。


それに続いて我も我もと、
酷い恋愛の発表へと移ったのだ。


誰が一番、ネタ的におもしろいか?
競うようにメンバーが口を開く。


どれ話も甲乙つけがたく、
じっくり聞きたいところなのだが
A子(アラフォー)がそうはさせなかった。


とにかく人の話を最後まで聞けず、


『あぁ!私もそんな経験があるー!
こんな元彼がいてね・・・』


強引に割り込んできては、
己の話に変換するのだ。


登場人物は『元彼』か
『私のことを好きだった男』ばかり。


別の女性が恋愛話をすると、
『あ、その人、私の元彼かも!』
などと言い出す始末。


確率ゼロではないが、
ほぼゼロである。


わずかな共通点を見つけ出しては、
自身の元彼と結びつけたようだ。


もちろん、全くの別人なのだが・・・。


また別の女性が話し出すと、
『あ、その人、私の元彼かもー!』


一度ならず二度までも、
元彼をぶっ込んできた。


日本はあんたの元彼ばかりで
構成されているわけではない。


『世の中はあなたの元彼ばかり、いないですからね?』


ピシャリとはね退けたのは、B子である。
言いにくいセリフをよくぞ放った・・・!


B子の勇気への驚きよりも、
A子が全く気にしていないほうが上回った。


・・・いや、自分のことだとも
気付いていないご様子である。


恥ずかしがることもなく、
嬉々として現在の彼話を始めるではないか。


詳細は忘れてしまったのだが
どこをどう聞いても、


『それ・・・付き合ってないよねっ!?』
と言わざるを得ない内容であった。


彼が私に惚れ込んでいるが、
どうしようかな〜的な話であったが


明らかに惚れ込んでいるのは彼女のほうで、
交際内容も暗雲が漂っていたのだ。


なんてコメントしたらいいのだ。
沈黙は金・・・!黙っていよう。


『それ・・・付き合っていないですよね?』


・・・!
またB子がピシャリと制した。
 

確かにオチのない話が延々と続いて
流れを変えたい気持ちはわかるが、
ストレート過ぎやしないか・・・!


ヒヤヒヤしながらA子を見ると、
なんてことはない。


まるで気にすることなく、
彼の話を続けているではないか。


き、聞こえていなかったのか・・・?
私にはハッキリと届いたが・・・!
(後に幻聴ではないと確認した)


敵もさるものである・・・。


A子対B子の対決は
まったく相手にしないA子の勝ちか。


いや、そもそもそんな会ではなく
出会いの場であったな。


もう、何が何だかである。
 

1


婚活界でたまに見かけたのが、
『人の話を全て奪い取るスキル』を持つ者である。


社交術としてはもちろんNGなのだが、
彼らは総じて幸せそうなのだ・・・。


うまくいっていない恋愛でも、
『私に主導権がある!』
と前向きな心を持ち、常に明るい。


ストレスからくる疾患とは無縁。
異常なほどに健康体なのである。


人の話が終わるまで待っていられる
堪え性さえ身に付けたら、最強なのでは・・・。

 

『今月は徹底的に最悪な月にする!』男運がついていないと、友人A子から嘆きのメールが届いた。月初はインフルエンザの発症で幕を開け、不運な出費で財も失い、今に至る。そんな彼女にとどめを刺したのが、これから紹介する話・・・。合コンで知り合った男性から食事に誘われ

『今月は徹底的に最悪な月にする!』


男運がついていないと、
友人A子から嘆きのメールが届いた。


月初はインフルエンザの発症で幕を開け、
不運な出費で財も失い、今に至る。


そんな彼女にとどめを刺したのが、
これから紹介する話・・・。


合コンで知り合った男性から
食事に誘われた。


彼の風貌はコボちゃんにソックリ。 

コボちゃんはプレゼンよろしく、
入念な自己アピール準備をしていた。


『俺の仕事を知ってほしい!!』


何の前触れもなく
突如ipadを取りだした。


そこには、1、2、3と
箇条書きにて何やら書いてある。


俺はこんなに沢山の仕事をやっててな
・・・と語り出した。


『す、すごいね・・・』


A子はロクに読まずに乾いた返事をした。


コボちゃんは活き活きと
自分語りを続けている。


彼女から仕事の話を聞いたわけではない。
押し売りはいかんぞ、押し売りは。


彼の口から補足が入った。
年収は1000万を超えている、副業もしている。
マンションを外国に複数買う予定・・・。


出たな、財力のある俺アピールめ。


いいところを見せたかったのであろうか、
今となっては知る由もない。


さて、お会計が終わり二軒目に行こうと彼。
終電があるから・・・、A子は断った。


これ以上、苦痛な時間は勘弁。


ほっと胸を撫で下ろしていると、
突如後ろから何者かに肩を掴まれた!


・・・振り返ると、コボだ。



『まだお金貰ってないよ!3,000円ちょうだい!!』



追いかけてきたようで、
肩で息をしている。


彼女は驚きのあまり、
心臓が止まりそうになった。


もちろん彼の方が
多く出してはいるのだが・・・。


何故、稼いでいるとアピールしてしまったのか。
その場で即座に請求しないのか。


その後の3,000円、
ダメージは計り知れない。


1


こうして不名誉な記憶となり
女の心に刻まれたのであった。


どうせ名を残すならば
『いい男だった』と思わせたい・・・!

 


絶対に結婚しないであろうピーター男たちが、 たて続けに結婚した年がある。  ピーターとは少年の心を持つ者に使う、 『ピーターパン症候群』の略語。 結婚した彼らはバンドで食うことを夢見る者や、 俳優で成功したい夢追い人であった。  総じて超イケメンではあったが

絶対に結婚しないであろう
ピーター男たちが、
たて続けに結婚した年がある。

 
 

ピーターとは少年の心を持つ者に使う、
『ピーターパン症候群』の略語。


 

結婚した彼らは
バンドで食うことを夢見る者や、
俳優で成功したい夢追い人であった。

 
 

総じて超イケメンではあったが、
性質的に結婚向きではないのは
誰の目にも明らかであった。

 
 

ピーター自身も結婚など興味はなく、
元気いっぱいフリーター生活を続けていたのだ。

 
 

そんな彼らであるが、
なぜか同じ頃に全員が結婚した。

 
 

ピーターの乱と呼ばれ、
我々の間には激震が走る。


 

地球が滅びても
独身でいるだろうと呼び名の高い
男ですら結婚してしまった。

 
 

ピーターたちは結婚を期に、
安定した仕事にチェンジ。



それぞれが平和に暮らしている。

 
 

夢追い人もキカッケができたら、
生き様を変えるんだな・・・。

 
 

『結婚しない男』なんてものは
地上にいないだと痛感。

 
 

~それから時は流れ~

 
 

雑誌を読んでいると、
マズい記事を見つけてしまった。


 

『あなたも、プリンセスパン・症候群!?』 (正確なタイトル忘れた)

 
 

アラフォーだが心は永遠の10代。
自立して人生を謳歌中の
独身女子のことを指すらしい。

 
 

その例として、こちらが挙がっていた。
・ナオミ・キャンベル
・キャメロン・ディアス

 
 

例えが格好よすぎるではないか・・・。
ハリウッド女優にスーパーモデルかい。

 
 

記事曰く、己を磨きすぎた自分と
対等に渡り合える男がいない。


 

会話のレベルを落とすくらいなら、
一人で人生を謳歌したい!症候群のこと。

 
 

そりゃアラフォーにもなったら、
若い頃よりも中身は磨かれてくるだろう。

 
 

だからと言って、
スターと並んではいけない。

 
 

何故か女版ピーターパンだけは、
スタイリッシュに表現されている。



女性に優しい世の中になってきた。

 
 

ピーターだって全員結婚した。
プリンセスだって結婚するかもしれない。

 
 

34


『あの人、結婚願望なさそうだからナシ!』



こんな理由で初対面の
男性を諦める女性がいる。



『相手によっては』
心変わりするピーターもいる。

出会ったばかりで決めてしまったら勿体ない。


ミスドでせっせとドーナツ選んでましたら、明らかにゲスト出演だろう洒落た品々がずらり並んでまして・・・。何個か買ってみたら、どれもこれもむちゃくちゃ美味しい・・・!こりゃタダモノではないな〜、と思ったらピエールマルコリーニ様とのコラボでした!なぜか発売日

ミスドでせっせとドーナツ選んでましたら、
明らかにゲスト出演だろう
洒落た品々がずらり並んでまして・・・。


何個か買ってみたら、どれもこれも
むちゃくちゃ美味しい・・・!


こりゃタダモノではないな〜、
と思ったらピエールマルコリーニ様との
コラボでした!


なぜか発売日前に売られていたため、
サクサク買えて個数制限もナシ。


もう一度会いたい!!と思い
店に駆け込んだら大行列(涙)。


なんとか買えたのがこちら・・・。


個人的に一番好きなのが左の↓
デニッシュショコラヘーゼルナッツですわ。

EE36B3EB-455B-462D-AE46-F18CBA0BA325

さすがピエール様な貫禄を見せつけながらも、
そこはかとなく漂う庶民に愛される仕上がり。


時々現れるシャリシャリとした
歯応えある物質も何だかわからんが
とにかく美味しいのよ〜。



美味しいもの見つけ隊メンバーたちからは、
どこも行列で買えないと悲鳴。


『くそー!菅田将暉のせいでー!』


どうやらCMが菅田さんのようで、
ピエールなんぞとタッグ組まれたら
そりゃ品切れになるよなぁ〜。強すぎる。


個数限定とのことで
ピエール様に出会えるのも
もう僅かな時間・・・。




『イケてる男が選ぶ、女性のキュンとする仕草』 こんな感じの番組を見ていた。  ・長い髪をポニーテールに結ぶ・強い女がふとした時に見せる涙 どこかで聞いたことがある話が続いた。こんな古典的でいいのか・・・。  友人に頻繁に髪を下ろしたり、結んだりする者がい

『イケてる男が選ぶ、女性のキュンとする仕草』

 
こんな感じの番組を見ていた。
 
 
・長い髪をポニーテールに結ぶ
・強い女がふとした時に見せる涙

 
どこかで聞いたことがある話が続いた。
こんな古典的でいいのか・・・。
 
 
友人に頻繁に髪を下ろしたり、
結んだりする者がいる。

 
一緒にいる間、
何度もヘアチェンジするのだ。

 
しかし彼女、10年以上恋人はいない。
男たちよ、本当にポニーテールでいいのかー!
 
 


別のバージョンも紹介された。

 
女の子が最中アイスを、
半分に割るシーンである。

 
彼氏とピッタリ半分こ。

 
綺麗に割れて、
ピョンピョンとジャンプして喜ぶ。

 
『やったやった~♪』

 

飛び跳ねる彼女を見て、
彼はドキドキすると。



この再現VTRを見て、
女性タレントから苦情が飛び交った。
 

 
『それは若くて可愛い子だからでしょ!
ババアでブスでも可愛いのっ!?』
 

 

こんな女はいないよー!

汚い手で最中に触るなー!
と大ブーイング。
 
 
しかし男性陣は大真面目で肯定している。
とにかく可愛いと・・・。
 
 
華原朋美さんが男性陣に聞いた。
 
 
『付き合い出した頃はよくても、
一年も経ってやっていたら嫌じゃないの?』

 
・・・なるほど。
ブリっ子は最初だけだな。


 
『いや僕は、やってくれなくなる方が嫌いです!』


 
彼が言い切ったと同時に、
別のメンズから拍手喝采が起こった。
 
 
・・・これが世論か!
冷水を浴びせられた気分である。
 
 
慣れ親しんだ女がいつまでも
アイスでピョンピョンしていたら気持ち悪い。
 
 
・・・逆であった。
 
 

瓦を割るかのごとく粉砕し、

『ほらよ!』と渡す方が萎えさせるのだ。

 
田中みな実さんだけが、
『私(ピョンピョン)やっちゃうかも~』と言った。
 
 
彼女がやったら、
最中も男も喜ぶであろう・・・。

 
 
 
若さも美しさもなくした女にこそ、
『可愛げ』が必要なのであった。
(ブリッコという意味ではなく)
 
 
失った点数を補給できる。

総合点を上げて婚活に挑みたいものだ・・・。